外国人「君たちの言語版Wikipediaの充実度はどれくらいなのか」


海外掲示板redditの/AskEuropeより


(投稿者)

🇺🇸君たちの言語版「Wikipedia」の充実度はどれくらいなのか

[via]goo.gl/PGgcyU



(この話題へのコメント)

🇷🇺比較的充実してる。英語版と同じくらい頻繁に使うし、たまに編集することもある。

🇷🇺ロシア語の記事数は全体7番目(ほとんどの記事をBOTが書いてる言語を除けば4番目)で、質はかなり高い。旧ソ連関連の記事は英語版よりも充実した内容のものも多い。

🇷🇸セルビア語はまあまあかな。36万記事あって全体28位。必要な情報は大体手に入る。

🇪🇸スペイン語は悪くないね

🇳🇴ノルウェーでは信頼できる百科事典とは思われてない。その代わりに専門家のみが記事作成/編集権限を持つwww.snl.noを使うことを奨励されている。

🇭🇺ハンガリー語はまあまあ。でも俺はほぼ100%英語版を使ってるし、言語学習目的で他言語の記事を読む時もある。

🇺🇦記事は膨大にある。でも包括的な内容とはほど遠いし、明らかに政治的な偏りが見受けられる。英語版以外のWikipediaを読むのはローカルなトピックだけかな。

🇵🇹かなり酷い。
それにほとんどの記事は中立性を顧みずにブラジルポルトガル語で書かれている。

┗🇱🇻ブラジルポルトガル語ってポルトガル人には読みにくいの?

 ┗🇵🇹ノー。でも一般的にブラジルポルトガル語は正しいポルトガル語とはみなされない方言。

❔ブラジルとポルトガルで文法を統一すればいい

┗🇵🇹それはかなり議論を呼ぶ話題だ

ブラジルポルトガル語(português brasileiro)とは、主にブラジルで話されているポルトガル語の一派である。ポルトガルで話されるイベリアポルトガル語とは若干異なり、英語におけるアメリカ英語とイギリス英語との差と比べて、文法や発音などに大きな違いがある。日本では「ブラジル語」、俗に「ブラポル語」と略称されることもある。

ブラジルポルトガル語は、現在ブラジルの公用語であり、ポルトガル語の方言の中で一番多く話されている。(ブラジルの人口がポルトガル語圏で一番多いため。)

現在、ブラジルポルトガル語以外のポルトガル語は、イベリアポルトガル語(ポルトガル本国のもの)と、アフリカポルトガル語のみで、それぞれを話す人口は、あわせてもブラジルポルトガル語の9分の1である。また、特に日本は伝統的にブラジルとの関係が深いこともあり、ブラジルポルトガル語のみを学習する人も多い。実際、日本国内で販売されているポルトガル語学習教材はほとんどがブラジルポルトガル語を対象としており、イベリアポルトガル語の学習者が教材に困るほどである。

🇮🇪アイルランド語版のWikipediaが存在することすら知らなかった。俺は英語版しか使ってない。

🇪🇪エストニアの歴史についてはかなり充実している。それ以外はそんなに詳しく書いてないけど、それも英語版を読めば解決すること。

🇬🇷ギリシャ語の記事はたくさんあるけど、俺はほとんど使ってない。ギリシャからの視点に偏っていて、客観性を欠いているような印象があるんだ。でも英語は世界中の人が使う言語だから、英語版の方が様々な視点を含む肥沃な内容を読める。

🇬🇧英語版はかなり良いけど、アメリカ寄りな部分があるかな。Yoghurt(ヨーグルト)のスペルをめぐって編集合戦になった結果、記事がロックされて結局アメリカ式の“間違った”スペルが採用されたりとか。
もっと危惧すべき点は、政治的/歴史的な内容の記事は潜在的に誤解を招くようなものが多いということ。例えば第1次/第2次世界大戦関連の記事はアメリカが果たした意義を誇張しすぎていると思う…まあそのほとんどがアメリカ人が書いた記事だからだろうけど。

🇮🇹イタリア語よりも英語版の方が詳しくて充実した内容の記事が多い。
英語版も中にはアメリカ寄りな記事もあるけど、ほとんどの記事は中立的。世界中に寄稿者がいるのはアドバンテージだと思う。

🇧🇪オランダ語はかなり充実している。でも内容はオランダが中心かな。フランデレン地域に住んでいる人はオランダ語話者の1/3に過ぎないことは分かっているけど、ベルギーにかかわる重大な出来事はほんの少ししか書いてないのに、オランダの小さな町については大量の注釈付きの記事だったりとか。

┗🇳🇱オランダ語のWikipedia記事を書いているのは誰なのかよくわかるね

🇵🇱ポーランド語版Wikipediaの記事数は膨大にあるけど、ほとんどの記事は簡素な内容で、英語版ほど詳細に書かれているわけではない。個人的には英語版しか使ってない。

🇦🇹ドイツ語の記事数はWikipediaで5番目に多い。それでも英語の50%以下だからさらに改善される余地はある。
自分の場合普段は英語版を見て、ドイツ語圏の国々にかかわる記事の場合はドイツ語版をチェックしている。
気になるのは、なぜスウェーデン語の記事がこんなに多いのかということ。ドイツ語よりも160万記事も多く、全体でも3位に位置している。

┗❔それは俺も不思議に思ってた。スウェーデンの人口は1000万人しかいないのに。

┗🇩🇪>なぜスウェーデン語の記事がこんなに多いのか
ドイツ語のWikipediaによると(真偽は怪しいけど)、スウェーデン語とセブアノ語のWikipediaには簡潔な記事を自動で作るBOTがいるらしい。

 ┗🇸🇪正解。スウェーデン語、セブアノ語、ワライ語は「Lsjbot」が大量に記事を作っている。
BOTによる記事は「この記事は、自動編集用のプログラム(ロボット)であるLsjbotによって作成されました」という注意書きバナーが設置される。
BOTによる記事の例:Alto del Valle Nuevo(ドミニカ共和国の山)
BOTの中ではLsjbotが一番記事を作ってると思うけど、こういうものは他の言語にもあって、特にオランダ語の記事に多い。

 ┗🇸🇪Lsjbotは生物系や地理系の簡素な記事を大量投下していて、スウェーデン語Wikipediaで「ランダムに表示する」をクリックすると高確率でこいつが書いた記事に飛ぶ。やってみてくれ。このカッコいい顔が表示されたかな?

❔なんでスウェーデン語以外の言語はBOTだらけにならないんだ?

┗🇸🇪WikipediaにはBOTがたくさんいるよ。でもそれらはLsjbotほど賢くないんだ。
あと、スウェーデン語/セブアノ語の場合は「BOTが作った記事です」というバナー表示が出るからすぐに見分けられるけど、この機能は他の言語にはないと思う。言語によってBOT関連のポリシーが異なるのかどうかは知らない。
BOTといっても誰かがコーディングして動かす必要がある。Lsjbotはスウェーデンの科学者が作ったもの。

Lsjbotは、スウェーデン人、スバーカー・ヨハンソン(Sverker Johansson)によって作成、運用されているインターネットボットプログラムおよびアカウント。

ヨハンソンは言語学、土木工学、経済学、素粒子物理学の学位を持つ科学教師である。彼の作ったボットはウィキペディアにおいて編集や記事作成を行なう。多い日には1日1万の記事を作成し、2014年7月時点で作成した記事数は270万に達し、この数はウィキペディア全体の記事数の8.5%におよぶ。あまり知られていない動物や昆虫についての記事や、スウェーデン語版でフィリピンの小さな街に関する記事を多く作成する。

作成した記事の1/3はスウェーデン語版で、残りの2/3はヨハンソンの妻の出身地フィリピンの言語のうちワライ語版とセブアノ語版である。2013年6月15日に、スウェーデン語版ウィキペディアが100万記事を達成した時、そのうち半数近くの454,000がLsjbotによって作成された記事だった。 セブアノ語版とワライ語版ウィキペディアでは閲覧可能な記事の大部分を作成している。ボットが作る短く単調な記事に対して批判があるが、ヨハンソンは「Lsjbotの作成した記事には十分すぎる価値がある」と反論する。


(参考情報)

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

外部サイトの注目記事

スポンサーリンク

コメント

  1. 名前:万国あのにますさん 投稿日:2017/12/16(土) 19:22:54 ID:acb059b8e 返信

    >日本では「ブラジル語」、俗に「ブラポル語」と略称されることもある。

    初めて聞いた

  2. 名前:Anon 投稿日:2017/12/16(土) 19:35:56 ID:74c28c536 返信

    どこもそうなんだろうけど日本のウィキは偏見や変な人たちにねじ曲げられてるからなぁ

  3. 名前:Anon 投稿日:2017/12/16(土) 19:44:16 ID:2c793ce3e 返信

    これは藤田muyo

  4. 名前:Anon 投稿日:2017/12/16(土) 20:01:06 ID:219b8b468 返信

    嘘が多い

  5. 名前:Anon 投稿日:2017/12/16(土) 20:19:39 ID:104951600 返信

    適当な情報が多すぎるのでwikiは極力みないようにしてる
    どこかの偏向報道が大好きな新聞社並みに、妄想力が逞しい変人が管理してるページすら存在する

  6. 名前:Anon 投稿日:2017/12/16(土) 20:34:24 ID:c6cfac88b 返信

    要出典が多過ぎる

  7. 名前:Anon 投稿日:2017/12/16(土) 21:07:16 ID:65232dcfd 返信

    学問研究とかはかなり詳細に分かりやすくまとめてある記事が多いから、隣接分野の導入として最初に流し読みする。勿論論文には使わないけど

  8. 名前:Anon 投稿日:2017/12/16(土) 21:10:25 ID:dd7a8cbf6 返信

    アメリカのWIKI見てて驚いたのは東方Projectだったな
    かなり知られてない頃からえらい充実しすぎてて
    ちょっと引いた記憶ある(悪い意味じゃない)
    日本でもマイナーな部類は結構面白い物は多いと思うよ
    変なのも多いけど

  9. 名前:Anon 投稿日:2017/12/17(日) 00:52:15 ID:0c5747750 返信

    日本は書き手もそれを監督する人たちも多くが文章を書くことに慣れてないだけ。
    文章そのもののスキルに差がありすぎると話が噛み合わないトラブルが多くなる。
    ブログと勘違いしてるマニアが周りと喧嘩してるのもよく見るしね。
    学校で教える作文がそもそも間違ってる。
    「よく書けました」ではどこがよく書けてるのか書き手は分からないからね。

    • 名前:Anon 投稿日:2017/12/18(月) 01:33:30 ID:085bb5d5d 返信

      俺もWiki読んでて、やたら文章の書き方が下手な人だと思ったな。
      例えばアメリカのウィキペディアのページに書かれている一文↓

      「英語以外の言語を州の公用語として認めるかどうかは、単に文化的問題に
      留まらず州の公文書をその言語で作成する必要があるかどうかという財政的
      側面があり、選挙でしばしば取り上げられる問題である。」

      文の区切り方がおかしいし、凄く分かり辛い文章だろ?
      これ読解力高い奴でもまわりくどいと思うよ

  10. 名前:Anon 投稿日:2017/12/17(日) 03:25:06 ID:9c57e2b48 返信

    チェスのプレイヤーやあるいはオープニングの変化を調べたいときは英語版じゃないと殆ど何も得られない。

  11. 名前:Anon 投稿日:2017/12/17(日) 12:48:56 ID:a6e73531e 返信

    強迫観念持ちの修正屋が加えたのか、行末に「***と言われているがその主張は事実ではない。」が延々続く記事を見て笑ったことはあるな。
    その対象が存在する英語版だとそういうことは書いてないのだけど。

  12. 名前:  投稿日:2017/12/17(日) 14:18:58 ID:ad2963940 返信

    wikiを見ると韓国語はあるのに日本語がない項目が結構多い。
    見るだけで書いたり寄付したりしないんだな日本人は。
    俺はいくつか書いたけど。

  13. 名前:Anon 投稿日:2017/12/17(日) 17:41:33 ID:0241b48bd 返信

    俺の書いてるアメリカの某作家のページは英語版より正確ではるかに詳しい

  14. 名前:Anon 投稿日:2017/12/17(日) 19:02:07 ID:d0136f09c 返信

    相当疑問視せざるを得ない文章が混じっている事がある。答えが一つしかない様な物事に関してはまだ真面なのかも知れないが、主流学説で構成されている中に素人受けは良い一部の異端学説なんかを誠の様に混ぜている事がある。

  15. 名前:Anon 投稿日:2017/12/17(日) 21:37:39 ID:20a298461 返信

    一度寄付すると二度三度と催促来るらしいなw