外国人「君たちの国の“新年の恒例行事”を教えてください」

海外掲示板redditの/AskEuropeより


(投稿者)

🇳🇱君たちの国/地域における「新年の恒例行事」といえば何?

[via]goo.gl/PVMPBY



(この話題へのコメント)

🇨🇿どんちゃん騒ぎして、その辺の公共物/私有物を破壊する

🇮🇪べろんべろんに酔っぱらって近隣住宅の花壇にゲロを吐く

🇪🇸スペインでは伝統的に年明け直前にぶどうを12粒食べる

┗🇷🇴ルーマニアも同じ。こういう共通点があると嬉しいね。

🇷🇴あとは大晦日に魚を食べると“スムーズ”に翌年を迎えることができるという奇妙な信仰がある

🇸🇪大晦日はシャンパンと花火、カウントダウン直前はテレビでアルフレッド・テニスンの詩「Ring Out, Wild Bells」の朗読を聴く。年が明けて1日はガルミッシュ=パルテンキルヒェンのスキージャンプを観戦するか、映画『アイヴァンホー』(1982年版)を観る。

🇵🇱ポーランドの新年は古き良き“Ruski Szampan”が欠かせない。といっても面白いことにこれはシャンパンでもロシア産でもない。主にポーランド中部で生産されるスパークリングワインだ(ラベル表記はなぜかロシア語)。ポーランドの新年は毎年これを飲んでノスタルジアに浸るんだ。

🇦🇹真夜中にプンメリンの鐘の音が鳴り響いて、それから「美しく青きドナウ」の演奏。
あ、あとは花火とシャンパンスパークリングワインだな。

🇦🇹年が明ける前に大掃除をする。これをやらないと幽霊の怒りを買って、翌年家族の誰かが死ぬという言い伝えがある。

┗🇷🇴これはダークだ…

┗🇬🇧今日学んだこと:俺のママは怨霊だった

🇩🇰デンマークは…
・女王陛下のスピーチを聴く(18:00)
・家族/友人とご馳走を食べる
・花火
・”Jumping into the new year” ということで、椅子の上に立って日付が変わった瞬間にジャンプ
・その後シャンパンを飲む

🇷🇺家族でディナー、ニューイヤーツリー(クリスマスツリーではない)、ツリーの下にプレゼントを置く、首相のスピーチを聴く、シャンパンを飲む、花火をあげる

新年のツリー(英語: New Year tree)は新年のために立てられる樹木をいい、ロシア、トルコなどでその習慣がある。

正教会が盛んなロシアでは伝統的に、イエス・キリストの誕生を祝うクリスマスよりも、東方の三博士の来訪でイエスが初めてこの世に現れた日(神現祭)が大切にされてきた。ピョートル大帝によりクリスマスツリーの習慣がロシアに移植されて、その後ソビエト時代のロシアでも欧米のクリスマスに対抗するためにも、神現祭の時期に「ヨールカ」(ロシア語: ёлка)と呼ばれるモミの木を飾り子供たちのお祭りにする習慣は大切にされてきた。現在でも毎年、モスクワのクレムリンなどに大きなヨールカが飾られる。

🇩🇪スプーンにすくった鉛をろうそくの火で溶かして、それを水にそそぐ。凝固した形をみて未来を占う「鉛占い」というものがある。

┗🇦🇹「Dinner for One」もお忘れなく
(註)「Dinner for One」は1963年の放映から繰り返し再放送されているドイツにおける年末年始の定番テレビ映画

🇩🇪
・花火
・一晩中パーティー
・仮面舞踏会(ただしこの習慣が今も続いているのは一部の地域のみ)
・シャンパンやプロセッコ等なんでも、真夜中にキス
・Dinner for one
・鯉料理
・鉛占い

🇫🇮「Dinner for One」、アルコール、ポテトサラダ、ソーセージ、花火

🇳🇱
・花火
・カーバイド撃ち(金属筒に炭化カルシウムと水を入れて作る大砲、通常安物のサッカーボール等を発射する)
・花火
・コメディアンたちが1年を振り返る
・花火
・オリーボル、アプフェルシュトゥルーデル、クルムカカを食べつつ、シャンパンを飲む
・花火

┗🇳🇱「0:00に海へダイブ」を忘れてるぞ

┗🇳🇱top 2000が無いなんて
(註)top 2000はオランダの大晦日の定番音楽番組。その名の通り内容は「オランダ人の好きな曲TOP2000」。

┗🇸🇮>カーバイド撃ち
スロベニアではイースターでやるな

🇳🇱新年の花火文化は嫌い。危険(俺は1回軽く火傷した)かつ、無意味。認可制にしてくれたらいいのにと思う。オランダでは毎年この事故で死ぬ奴がいるんだよ。本当に馬鹿馬鹿しい。

🇸🇪スウェーデンなんてこんなんだぞ…

🇵🇹ぶどう12粒食べて、飲んで…飲んで…さらに飲む。あ、あと花火も。

🇬🇧酔っぱらって、「オールド・ラング・サイン」を歌う

「オールド・ラング・サイン」(Auld Lang Syne )はスコットランド民謡、非公式な準国歌である。日本では「蛍の光」の原曲として知られる。

古くからスコットランドに伝わっていた歌で、現在に至るまで、特に年始、披露宴、誕生日 などで歌われる。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

外部サイトの注目記事

スポンサーリンク

コメント

  1. 名前:Anon 投稿日:2018/01/02(火) 00:28:18 ID:6c3fe5d9e 返信

    スウェーデンいいなあw