SNSでシェアする

オランダ政府公認YouTubeチャンネル「DRUGSLAB」がヤバすぎると海外で話題に

6oi75rmrdo18fsp14

Drugslabとは?

「Drugslab」はドラッグを題材にした教育チャンネルです。このチャンネルでは視聴者のリクエストに応じて我々自身でドラッグを試します。科学的に各ドラッグは人体にどのような影響を与えるか実験を行って調べます。試してほしいドラッグのリクエストがあれば、動画のコメントセクションに#drugslabのハッシュタグとともに書きこんでください。
毎週金曜日の実験では、我々はドラッグを安全に服用するための方法、適切な量、副作用、ハイになったときの約束事といった情報も提供していきます。
科学の名のもとに、経験に裏付けられた快楽を得て、我々はハッピーになるのです!ピース。

警告

この番組は、あくまでドラッグの使用と人体への影響に関係した教育上の目的でお送りしています。人々にドラッグの使用を勧める目的は一切ありません。番組は専門家の監修のもと収録したものです。

BNNについて

BNNはオランダの公共放送局です。主にティーンエージャーや若者を対象にした番組を放送しています。BNNはバラエティー、ニュース、ラジオ、映画等様々なコンテンツを製作しています。臓器提供、セックス、ドラッグといった論争を呼ぶテーマも時に扱っています。

SPUITEN EN SLIKKENについて

「Drugslab」はオランダのテレビ番組である「SPUITEN EN SLIKKEN(英Shoot and Swallow)」のコーナーの一つです。これは2005年にBNNで放送を開始したセクシャリティーとドラッグをテーマとする番組です。この番組は若者の教育を目的とし、毎週ゲストとともにセックスやドラッグについてディスカッションを行います。

(チャンネル概要より抜粋)


動画の一例。それぞれの動画の説明文には使用法、使用量、リスクが書かれている。

3分ぐらいから笑気ガスを吸引。2人ともぶっ飛んだ模様。

海外では麻酔薬として使用されるケタミン。ボーダーの様子がおかしい。(3:20~)

某俳優の事件で日本でも有名になったMDMA。


公共放送による教育番組です。(再確認)
まさにドラッグ合法の国オランダ(注 オランダの薬物政策-Wikipediaでしか作れない番組ですが、全ての動画に英語字幕がついているためか、チャンネル開設1ヶ月で各動画のコメントはほぼ英語のコメントであふれかえるほどの話題になっています。
「ブレイキング・バッド風」のトリップ演出といい、テンポの良い編集といい、非常に興味深く、娯楽性の高い番組ではないでしょうか。内容の倫理的正当性は抜きにして。

コメント

  1. 名前:名無し 投稿日:2016/10/15(土) 13:24:32 ID:4031f6e83 返信

    幸せになるのは簡単なこと
    幸せであり続けるのは不可能なこと

  2. 名前:  投稿日:2016/10/15(土) 15:17:42 ID:c8790a539 返信

    ドラグスレイブ?

  3. 名前:名無し 投稿日:2016/10/15(土) 18:35:38 ID:94a4fa92e 返信

    オランダが合法化で依存者の数が減少したのは そもそも国民の大半といっていいぐらいどうしょもないぐらい患者数が多かったから その数から患者数が減少したといってるわけで・・・ 違法としてる国家で 患者数が他国にくらべても極めて少ない国家が合法化したら そこからさらに減るかといったらまた話がや結果が違う

    • 名前:名無し 投稿日:2016/10/15(土) 19:06:13 ID:b30592bfd 返信

      無知は知ったかぶりしないようにねw 恥かくよw

      • 名前:名無し 投稿日:2016/10/15(土) 21:05:46 ID:d42a31000 返信

        そんな忠告してないでさっさと恥かかせてやればいいのにw
        できないのならお前も無知なんだからチンカスをとる作業にもどれな