SNSでシェアする

14歳の時に娘が生まれたけど、何か質問ある?

僕は今21歳だ。14歳の時に娘が生まれた。今は両親と暮らしていて、ガソリンスタンドで働きながら大学に通っている。何でも聞いてくれよ。
 
Q.娘の母親は何歳?

僕と同い年だよ。
 
Q.ゴムは使わなかったの?

90%ぐらいは使ってたんだよ。彼女が妊娠したっぽい日はちょうど僕の誕生日だった。あの日、僕は超極薄のヤツを使ってたんだけど、破れちゃったんだよね。

Q.周りの反応はどうだったの?そのことで偏見もたれたりしたことはある?
学校の先生は馬鹿な生徒が愚かなことをしたな、って感じで受け止めてたね。友達はそんなに気にしていなかった。当時、一番疎まれていたのは友達の親だね。そのせいで失った友達もいたよ。でも今はそんなこともなくなったけどね。
 
Q.娘の母親とは同居しているの?
いや、お互い親権を主張したから裁判になった。
 
Q.娘とは今も一緒に住んでるの?
僕と娘の母親が共同親権を持っている。僕は水曜と木曜と隔週末に娘の世話をしてる。
身体的共同親権 physical joint custody (共同監護)
タイム・スケジュール(育児プラン)に従って、養育を分担する。子供の時間を完全に半分ずつに分ける場合もあるが、不均等に分ける場合も多い。
一週間ごとや一か月ごとに、子供が父の家と母の家を行き来する方法や、週日は片親の所に住んで、週末は他方の親の所に住む方法が用いられる。子供が元の家に住んで、父親と母親が入れ替わる方法もある。 共同親権ーWikipedia

Q.君自身がまだ子どもの年齢で親になる責任を負うのは難しかった?それと、この出来事で自分の子供時代を失ったと感じる?

そうだね。でもこの経験を通して何でも切り抜けられるぐらいに成長したと思うよ。
多くのものを失ったね。普通の青年が高校時代にやるようなことを僕は何一つできなかったんだから。でもこれは強制されたものではなくて僕が選択したことなんだ。父親であることは僕の義務だと感じているよ。
 
Q.当時、中絶は考えなかったの?
考えたけど彼女の母親が産むように説得した。それに僕も無理やり中絶させるようなことはしたくなかった。
 
Q.君は自分の経験があったから、将来娘の交際関係については厳格な父親になると思う?
間違いなくそうなるだろうね。でも彼女は僕みたいに馬鹿げたことをして両親を仰天させるようなことはしないと思うよ。
 
Q.今は彼女はいるの?またそのことで、交際関係に影響があったりする?
4年間付き合ってる彼女がいるよ。子どもがいるから他の男よりしっかししているだろうって好意的に捉えてくれることもあるね。
 
Q.最初のリアクションは?君はどう受け止めた?娘さん自身はどう思ってるの?
怖くて、とにかく狼狽えていたね。両親に打ち明けるまで2週間も隠していたんだ。ようやく決心して全てを話すと母は泣いて、父には殴られたよ。
娘はまだ幼いし理解できないと思うからこの話をしたことはないね。
 
Q.僕も2歳の娘がいる23歳だ。君はこれまでにどんな犠牲を払ってきた?また過去の選択を変えられるならどうしたいと思う?
娘のためにたくさんパーティーや行事を欠席したよ。何か変えたいことがあるなら高校時代にプレーしていたフットボールは続けたかったね。代表候補だったし、とても好きだったんだ。
 
Q.これは質問じゃないんだけど君はラッキーだと思うよ。君の娘は君が今後生きていく活力や目的になるだろうから。幸運を祈るよ!
まさにその通りだね。ありがとう。

(出典)goo.gl/6Gaxul