SNSでシェアする

「ハリウッド映画とかのハッキングシーンって、なんであんな無茶苦茶なの?」【海外の話題】


スポンサーリンク

(この話題へのコメント)

リファレンスを返したら核爆発が起きるのか。

俺がポインタを使うたびに街が停電してるからね。

ファンクションキー使いすぎだろ。

見たところセミコロンがスイッチになってるみたいだな。

↑笑い話みたいだが、ハイフンが一つ欠けてただけで探査機が自爆した事故もあったんだよ。

FORTRANの言語仕様にまつわるエピソード

1962年、金星探査機マリナー1号を打ち上げるアトラスロケットは、Rate SystemおよびTrack Systemと呼ばれる二種類の制御系統を持っていた。Rate Systemは搭載型であり、地上型のTrack Systemは前者に対するバックアップとして動作する。1962年7月、マリナー1号の打ち上げ直後に、ロケットのguidanceアンテナは必要な性能を発揮しなくなり、搭載型システムのみに頼ってロケットは制御されることになった。しかし搭載型システムには次のようなバグがあった。「このようにプログラムすべき」として指示されていた手書きの数式中の、平均化を示す線(しばしば「ハイフン」と言及されるが、正確にはオーバーライン)が欠落しており、そのため平均化した値を使うべきところでそのままの値が使われ、微妙なタイミング差の平滑化処理に問題があったのである。結果として、制御コンピュータは、ロケットが正常に上昇しているにも関わらず、異常な補正動作をロケットに指示し続け、正常なコースから外れていった。結局、ロケットには破壊指令が送られ自爆し、マリナー1号は大西洋へと沈んだ。

脚本にこう書いてあるんだろ。

[Show hacking scene]

Cut

膨大な時間を費やしスイカを爆破させるコードを完成させたものの、突如現れたアホが君の努力を台無しにする瞬間。

体重90㎏のデブ女優のヌードシーンなんか見たことないだろ?それと同じで誰も求めてないんだよ。

↑その例えだと簡単に論破できる動画を俺はたくさん知ってるんだが。けっして誰も見たくないわけじゃないんだ。

某ゲームのパロディだけど。

↑『DEUS EX』よりこっちの方が面白そうだね。どこで売ってんの?

しかし、映画でWindowsを使ってるハッカーを見たことないな。いつも決まってLinuxかUbuntu風のOSに、コマンドラインインターフェース。

↑大げさなアニメーションと、南京錠の画像付きのセキュリティ警告画面も追加で。

誰かが延々とコードを書いてる絵を見せられてもダレるし退屈だから。
そもそもハッキングに詳しい観客なんてまずいないわけで、これみたいに2人同時にタイピングしてようが、おかしいとツッコむ奴の方が稀。

↑これはさすがに狙ってやってるんでしょ?そうだよね?

↑勇敢にも電源を抜いてくれる人がいて助かったな。完璧な解決方法だ。

↑これもそうだけど、マウスは全く使わないのもありがちな特徴。

サンドイッチ咥えてる男が「これってゲーム?」って呑気に尋ねるところが気に入った。

↑そいつも加わって、3人でタイピング始めないかなってちょっと期待したんだけど。

文句言ってるニワカは『ミスター・ロボット』は見たのか?

MR. ROBOT/ミスター・ロボット

『Mr. Robot』(ミスター・ロボット)は、アメリカ合衆国のテレビドラマシリーズである。USAネットワークにて2015年6月24日から放送されている。本国で2015年9月2日に放映された第10話をもってシーズン1が完結し、2016年にはシーズン2が放送されている。日本ではAmazonによる動画配信サービス、プライム・ビデオにて2015年9月24日より字幕版、吹き替え版が独占配信されている。2016年9月19日からは、AXNにおいて放送が予定されている。

↑現実に完全に即してるわけじゃないけど、娯楽作品としては一番リアリティがあるかな。少なくとも、誠実な演出だったと思う。

↑映画の『サイバーネット』もまあまあ。色々なテクニックに言及してる。ソーシャル・エンジニアリング、ショルダーハック、ダンプスターダイビング…。

サイバーネット

『サイバーネット』(原題: Hackers)は、1995年に公開されたアメリカ合衆国の映画。監督はイアン・ソフトリー。出演はジョニー・リー・ミラー、アンジェリーナ・ジョリーがつとめた。
日本では劇場未公開だが、JSBでプレミア放送された。
森尚子が東京のハッカー役で出演している。

nmapを使った『マトリックス リローデッド』のハッキングシーンはかなり正確だったよ。

映画に見るハッキング 10選

マトリックス3部作によって、「シミュレーテッドリアリティ」という考え方が広まりましたが、この映画がファンに受け入れられているのはその美的センスのためでしょう。説明するまでもなく、この映画ではたくさんのハッキングが行われていますが、それは魔法のようにしてなされることが多く、ハリー・ポッターの呪文と何ら変わりありません。一般的な話をすると、マトリックスのヒーローたちが解決しようとしている「サンドボックスからの脱出」という問題は実在します。そしてエクスプロイトの形でその問題を解決しようとするマルウェアがあります(Adobe Readerの話ですね)。しかしこの映画の制作者はそのことはほとんど考えなかったようです。本物のNMAPユーティリティが使われている場面が時折ありました。

『トロン:レガシー』より、秘密のネットワークへのハッキングを試みるシーン。

主人公「分かってる。バックドアを試そう。」

BACKDOOR.EXE

成功

↑パスワード無いのかよ。

↑少なくともコーディングはちゃんとしてる分、他の映画よりはマトモだともいえる。

これおすすめ。君も手軽にハッカーになれる。 hackertyper.net/

誰でもハッカーになれる「Hacker Typer」でハッカー気分を味わってみた

普段は冴えないのに、いざという場面になるとカタカタカタカタと猛烈な勢いでキーボードを叩いてどこかの巨大ネットワークに侵入する。映画にはそんなハッカーが登場しますが、実際に身の回りでそんなことをしている人を見かけたことがありません。なら、自分がやればいいじゃないか、ということで登場したのが「Hacker Typer」です。PC用のサイトだけではなく、iPhoneやAndroid用のアプリも用意されているので、いつでもどこでも“ハッカー”になることができます。

まあ一番正確なのはこれなんだけどね。俺はNorton入れてるから関係ないけど。

goo.gl/UVrKkB goo.gl/pmGFc3 goo.gl/08JkF1 goo.gl/nx8H6n

コメント

  1. 名前:名無し 投稿日:2016/11/06(日) 17:43:28 ID:2ac887ca9 返信

    実際には自前のツールを駆使して侵入とかするから、ツールの実行待ちだろ

  2. 名前:名無し 投稿日:2016/11/06(日) 18:04:33 ID:9864d00e3 返信

    映画だと軍人の服装装備でさえツッコミどこ満載だからな

  3. 名前:名無し 投稿日:2016/11/06(日) 18:19:04 ID:a3b28f5d5 返信

    来週もまうまう

  4. 名前:名無し 投稿日:2016/11/06(日) 18:56:21 ID:be4367c27 返信

    バカ、現実はもっとすげえんだぞ。
    核ミサイルとか撃てるんだぞ。

  5. 名前:   投稿日:2016/11/06(日) 20:50:41 ID:adb72b227 返信

    じーっと画面見てるだけが正解

  6. 名前:名無し 投稿日:2016/11/07(月) 07:40:14 ID:058acec0e 返信

    一桁ずつ解除されるパスワード

  7. 名前:名無し 投稿日:2016/11/08(火) 00:06:23 ID:6b803657c 返信

    もっと厳密に言えば、ハッカーとクラッカーの違いも触れとかないとな。
    フィクションのハッカーはほとんど全部がクラッカーで、本来のハッカーとクラッカーは建築家とコソ泥くらい違う。
    当然、必要とされる知識も基礎を除いて大分違う。