SNSでシェアする

外国人「最近の日本映画ってクソすぎない?黒澤や小津のような才能はどこへいってしまったの?」

(スレ主)
日本映画は今もたくさん国外に紹介されているけど、どれもこれも駄作ばかりだ。今の状況は、ルネッサンスのような時代を迎えている中国映画や韓国映画とは対照的にみえる。

最近の日本映画はまるでケーブルテレビのような安っぽい作品の山で、これがかつて僕がハリウッドより優れていると胸を張って紹介していた場所、黒澤明や小津安二郎や北野武を生み出した国であることを考えると信じられないような状況だよ。

時おりアニメ映画やドラマ映画、サムライものの良作があるけど、あまりにクソ映画が多すぎる。日本映画はどうしてこうも落ちぶれてしまったんだと思う?


スポンサーリンク

海外の反応

毎年多くの映画を作るから、当然その分クソ映画も多い。一方でいまだ傑作も生まれている。今はたまたまクソ映画の方が輸入されているんじゃないかな。

特に他の国と比べて悪い状況にあるようには思わないけど。最近の韓国映画なんてどれ観ても同じじゃないか。

↑同意。韓国映画は演出、撮影、編集とか非常に高いレベルにある映画もあるけど、悪い意味でアメリカ映画に似てる。園子温や三池崇史、井口昇のようにぶっ飛んだスプラッター映画が出てくる土壌ではないと思う。
韓国の血みどろの復讐映画がまた出るなら喜んで観るだろうけど、既視感はあるだろうな。

『片腕マシンガール』は、井口昇監督のスプラッター映画。
低額予算でのB級映画ではあるが、随所に斬新なカット、表現、コミカルなシーンが見られ、海外および国内でカルト的な人気を博している。国内ではロードショー公開されていないが、ゆうばり映画祭や各地のレイトショーで上映された。

僕は90年代後半から2000年代前半にかけて日本映画に夢中になっていたけど、当時と比較ししてしまうと最近は影が薄い。当時の日本映画に多くあったような、興味をそそり、大胆で、型破りな作品は姿を消してしまった。
これは残念に思うよ。日本には偉大なインディーズ映画文化があったのに。

現実的に下降線を辿っていることは否定しないけど、『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』『そして父になる』とか、過去2,3年見た日本映画はどれも楽しめたよ。
まあ確かに、香港映画や韓国映画の方が最近は見たいものが多いね。

↑『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』
真っ先にこの辺の名前が挙がることに、日本実写映画界の低迷を感じる

心配はいらない
そのうち宮崎駿が復帰するから

誰か小津安二郎の最高傑作を教えてくれ。彼についてはよく知らないんだ。

↑基本的に戦後の作品すべて。最初の傑作は『晩春』、個人的には『東京物語』『秋刀魚の味』『東京暮色』『麦秋』…。
一応言っておくけど、彼の映画はどれもよく似ている。完璧に仕上がるまで同じ箇所を何度も何度も塗り重ねる塗装工みたいな監督だよ。もし1本観て気に入ったら、他のどの作品を観ても自分の家のように感じられると思う。

小津 安二郎(おづ やすじろう、1903年12月12日 – 1963年12月12日)は、日本の映画監督・脚本家。「小津調」と称される独特の映像世界で優れた作品を次々に生み出し、世界的にも高い評価を得ている。「小津組」と呼ばれる固定されたスタッフやキャストで映画を作り続けたが、代表作にあげられる『東京物語』をはじめ、女優の原節子と組んだ作品群が特に高く評価されている。

といっても今の日本に黒澤明の半分でも才能がある人がいれば何も問題はないだろ?

今敏はあまりに早く逝ってしまった…

↑俺は今も彼が突然いなくなってしまったことを思い出して悲しくなる。彼は芸術的にも、キャリアの観点からみても、とてつもないレベルに到達していたように思う。彼が残した最後の日記をみるととても胸が痛む。

今 敏(こん さとし、1963年10月12日 – 2010年8月24日)は、日本のアニメ監督、漫画家。

2010年8月24日逝去。46歳没。翌日付のブログに、「さようなら」というタイトルで生前に書き留めていたファンに向けてのメッセージを残している。

それでも、シン・ゴジラは今年のベスト1候補だろ

↑シン・ゴジラはかなり良かった。でもあれはアニメの世界にバックグラウンドをもつ監督が実写映画撮影にその技術を持ち込んだものだよね。それに、ゴジラという映画史上でもアイコン的存在となってるシリーズ作品のひとつだから。
全体的には最近の日本の実写映画は映画撮影の基礎的な技術すらおぼつかないレベルのものばかりだよ。

実写映画からアニメ―ションに流出した才能はどれくらいいるんだろうか?
こういう現象は他の国ではまずないことだよね

今、一番質の高い作品を生み出している日本の映画監督は是枝裕和だろう
『海街diary』は本当に素晴らしかった

↑是枝裕和は最高だよね。彼は小津に似ているけど退屈ではない。僕は小津も好きだけど。

是枝 裕和(これえだ ひろかず、1962年6月6日 – )は日本の映画監督、テレビドキュメンタリー演出家。

『クリーピー』は楽しみ。『CURE』の監督の新作なんだ。

黒沢 清(1955年7月19日 – )は、日本の映画監督、脚本家、映画批評家、小説家である。

良い日本映画は今も多いよ。園子温、三池崇史、是枝裕和、中島哲也、北野武、彼らは良作を送り出し続けている。サムライ映画は深刻な枯渇状態にあるけどね。

北野武?
最近の彼の映画を見た上で言ってる?どれも凡作か駄作だよ。龍三となんとかかんとかだっけ?ひどいヤクザコメディだった。
今の問題は、過飽和状態。単純に日本は映画を作りすぎ。もうひとつは、保守的。これは芸術的な意味と製作・資金の意味両方ね。
日本の映画業界がいかに自滅していったかという記事は色々あるよ。それでも、西川美和、吉田大八、沖田修一、松江哲明とか楽しみな監督がいるけどね。

今の日本映画にもの申す…「レベルが本当に低い!」 英映画配給会社代表が苦言

「日本映画の大作、例えば『進撃の巨人』はアメリカのテレビドラマっぽくてすごくレベルが低い。何でみんな恥ずかしくないの?」と一刀両断。最近目立って量産されているコミックが原作の恋愛映画についても「ハーッ」と大きなため息をついた。日本で主流になっている「製作委員会方式」に不満があるようだ。リスクの分散・回避のために複数のスポンサー企業が製作費を出資するシステムだ。

「日本では映画は製作委員会のもので監督のじゃない。例えば、誰が監督したかみんなほとんど知らないでしょ。監督の名前を宣伝しない。英国などでは出演者には興味がない。『この映画はマイク・リーの新作』などと監督を重視する。日本では、例えば園子温(その・しおん)監督の『新宿スワン』を誰が撮ったかは95%の人々は知らない。監督は製作委員会のパペット(操り人形)なんだ」

日本映画のCGI技術の低さは異常
これが俺にとって一番の謎

↑金が足りない。優れたCGIを作るには莫大な金がかかるんだ。それに加えて、多くの人の目にはハリウッド映画が基準となってしまっているから、相対的にどうしてもショボく見えるんだと思う。

『進撃の巨人』をみればわかると思うけど、日本では「超大作」ですら全然予算が出ない。そして役者は概ね大根。

作品の大半が興行収入5億円を割るような状態で、誰も20億円かけて映画作ろうとは思わないからな。

予算不足が一番の問題。仮に予算が与えられても世界市場で通用する作品ではなく国内受けを重視してしまう。
最近の映画版『るろ剣』のように、ワーナーブラザーズから金を引っ張ってこれたら、日本の映画業界は良い映画を撮る力はあるんだけどね。もっとも、あれだって彼らにとっては大した額じゃないけど。一作あたり2000万ドルぐらいだっけ。

『るろうに剣心』は、和月伸宏による日本の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作とした日本の実写映画シリーズ。主演・佐藤健。監督は大友啓史。製作・配給はワーナー・ブラザース映画。

↑俺も『るろ剣』トリロジーは気に入ったよ。
最近の日本映画の多くは予告編の時点で見る気がしないものばかりだけどさ。
ほとんどが恋愛ものか原作付き。低予算、低リスク。

なんでこれほどまでに漫画を実写化したがるのだろうか。ついにジョジョですら実写映画化するんだよな。『ソラニン』とか青年漫画なら成功する当てがあるのも分かる。でも少年漫画や少女漫画はほとんど失敗してると思う。

それに漫画の映画化は原作の重要な部分を改変してしまうパターンも多い。例えば、手塚治虫『MW』の映画版は出演者の名前だけで企画を通したありきたりのアクション映画になっていた。原作の肝であった同性愛者の苦悩については一切触れられていなかったよ。

そして映画でもテレビでも同じ役者を何度も何度も使いまわす。俺が日本にいたときは、あらゆるところで「山ピー」という人を見たよ。明らかに合ってないような役柄だろうと関係ない。彼は若い子からオバちゃんまで女性人気を得ていたから、彼目当ての客を期待できるんだろう。67be3de4

MW(映画)-Wikipedia

同性愛設定について

製作発表当時、映画では描かれないと報道された。
映画雑誌等のインタビューにおいては、直接の描写がないだけで「裏で肉体関係がある」ことを匂わすように役者に演じさせていることが明かされた。
上映初日の前日 2009年7月3日になって主人公二人が妖しく絡み合った写真が公開された(この写真は後日映画公式サイトのトップ画像として使われた)。
更に上映期間中の 2009年7月13日に秋葉原のデジタルハリウッド大学で行なわれた特別講義において、岩本監督と松橋プロデューサーが、同性愛描写について主演二人の事務所が OK していたにもかかわらず、スポンサーからの NG で直接描写ができなくなったことを明らかにし、話題となった。実際に完成した作品においては観客の解釈に委ねられるような描写となっている。

↑クソ映画『鋼の錬金術師』ができるまで

1.とにかく知名度だけはあるイケメン男優、美人女優を片っ端から集める
2.うんこシナリオとチープな特殊効果演出を武器に大急ぎで製作
3.予算の大半は宣伝のために使う
4.大儲け(終)

俺はこの映画が日本人俳優たちが奇怪な英語を操る実写版『ルパン三世』の二の舞にならないことを願うよa57q89o_700b

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』(はがねのれんきんじゅつし フルメタルアルケミスト)は、2017年に公開予定の日本の実写映画。監督は曽利文彦、主演は山田涼介。本作は初の実写映画化作品となる。

予算が少ないこと、そしてジャニーズ?とかそんな感じの事務所所属のアイドルを優先的に起用する傾向。
演技力の有無ではなく芸能事務所が売り出したいタレントが使われているような気がしてならない。
なんか日本映画の多くは安っぽくてハリボテのように感じられるんだよね。過剰な演技も不自然でうるさく思える。

↑アイドルのところ完全に同意
正直、もう長いこと僕が見た日本映画の大半はクソ
黒澤明は映画黄金期の中でもフェリーニやゴダールやベルイマンと並び立つ存在だったのに

予算だけが問題とは思えないな。ほとんどの国は低予算で映画を撮ってるわけだし。韓国映画『超能力者』と、その日本版リメイク映画『MONSTERZ』を見比べてみてほしい。おそらく『MONSTERZ』の方が金がかかっているはず。

どの国の映画業界もハリウッドを真似する必要なんてないし、金をつぎ込めばつぎ込むほど映画の質が上がるわけでもない。リスクのある映画製作プロジェクトでもゴーサインが出るような環境の方がずっと重要なんだ。

日本は映画業界で世界トップ5に入る巨大マーケットだけど、成果物には反映されていないように思う。今の日本映画はとにかく冒険しないんだ。日本でヒットする映画の多くはテレビ番組の延長線上にある。テレビ業界は映画産業を毒していることなんて散々言われているけどね。

『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』という映画は日本で超大ヒットしたんだけど、これを見たいと思う人は海外にどれくらいいる?世界でこのシリーズを知ってる人なんてほとんどいないよね。

国外ではあまり知られていないけど、日本では毎年のようにテレビシリーズの「劇場版」が製作されている。名探偵コナン、ポケモン、仮面ライダー、ウルトラマン、ドラえもんといった人気フランチャイズの劇場版は毎年恒例化していて、しかもその年最大級の動員になることも珍しくない。2015年の邦画国内興行収入ランキングトップ10のうちテレビ番組とは無関係な作品は2つだけ。これマジだよ。2/10。

◆2015年邦画興行収入上位10作品(2016年1月)
1位:『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』78億円(東宝)
2位:『バケモノの子』58.5億円(東宝)
3位:『HERO』46.7億円(東宝)
4位:『名探偵コナン 業火の向日葵』44.8億円(東宝)
5位:『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記』39.3億円(東宝)
6位:『ドラゴンボールZ 復活の「F」』37.4億円(東映)
7位:『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』32.5億円(東宝)
8位:『映画 ビリギャル』28.4億円(東宝)
8位:『ラブライブ!The School Idol Movie』28.4億円(松竹)
10位:『映画 暗殺教室』27.7億円(東宝)

まずは、才能ある人が映画より人気があって待遇も良いテレビ業界に流出したこと。結果的に東映、松竹、日活、東宝といった映画スタジオの元には以前のように新たな才能が集まらなくなり、見込みのある若手映画制作者がベテランから学ぶ徒弟制度が機能しなくなった。

ここ何年も日本の映画文化は栄養失調状態に陥っていて、いくつかの大きな映画祭も開催終了、インディーズ映画製作者はゆうばり映画祭、運が良ければヨーロッパの映画祭や東京国際映画祭で出品するチャンスに賭けるしかない。才能のある監督や脚本家、役者、スタッフであっても、実績を作らなければ映画を撮らせてもらえないからね。1980年代以降、韓国の映画産業が成長したのはこの辺をうまくやったから。

もう一つは日本アートシアターギルドが1990年代初頭に活動終了したこと。この会社は1960年代後半から多くの論争を呼ぶような作品、監督に資金を出して保護していたんだ。1980年代には規模を縮小したけどそれでもまだ活発だった。
今の日本映画の動向は不況を反映してかそれほど活発ではないね。60~70年代はピンク映画ややくざ映画の全盛期だったけど、今の時代にああいう映画が出てくることはちょっと考えにくい。

長くなったので一言で要約。「TVは映画スターを殺した。」

日本アート・シアター・ギルドは、1961年から1980年代にかけて活動した日本の映画会社。ATGの略称で示されることも多い。
他の映画会社とは一線を画す非商業主義的な芸術作品を製作・配給し、日本の映画史に多大な影響を与えた。また、後期には若手監督を積極的に採用し、後の日本映画界を担う人物を育成した。

日本はもう何年も前に映画産業に投資するのをやめてしまったんだよ。突発的に才能が生まれるけど、悲しいことにもはや「映画の国」ではないんだ。日本の「大作」映画に出演している俳優は、安っぽいテレビドラマに出てくる俳優と全く同じ。俳優は役柄に応じて抜擢されるのではなく、その時の流行を反映しているだけ。

韓国の場合、ドラマ形式の娯楽と大画面の映画は別物であると認識しているけど、日本はそうではない。韓国の映画産業はハリウッドの影響を強く受けていて、ある意味で真似ている部分が多いから、多少CGが安っぽくても、カメラアングルやカット割りが荒っぽくても、外国人にすんなり受け入れられる傾向がある。

中国も同様の努力をしているんだけど、中国は中国だからというか…、まあ見てみればわかるんだけど、アイデアも良くてお金をたくさんかけてもそれだけじゃうまくいってないね。単にハリウッドスターを連れてきただけの映画だったり、他の映画のあからさまなパクリだったり。

日本の場合、他の国と異なる事情もある。スクリーンをきっかけに名を馳せる俳優はほとんどいなくて、小さな画面のテレビドラマやCMからスターになる人が多いってこと。

以前、俺はこういうスレを建てようかと考えたことがある。もっとも、「なんでこんなクソなの?」じゃなくて、もう少し慎重に「最近は少しネガティブなイメージがあるんですが、こんな私に日本映画について教えてください。」みたいなスレタイにしようと思ってたけどね。
でも、その時「俺は日本映画の5%も知らないんだから、もう少し自分で調べてみよう」と考え直したんだ。

それで、色々調べて分かったのは、傑作は今も作られているということ。でもそれは日本国内ですらニッチだから、国外向けには宣伝はもちろん配給もされないまま埋もれてしまうことが多い。俺らのほとんどはそういう映画は知らないし、見ようと思ってもその機会を得ることも難しい。

goo.gl/X9Tzxs


かなり盛り上がっていたので長めの記事でした。

コメント

  1. 名前:名無し 投稿日:2016/11/25(金) 23:32:05 ID:1639b38f4 返信

    ナントカ映画祭とかではそこそこ受けてるよね。
    決して興行的には成功しないけど。
    よくめげずに頑張ってるとは思う。

  2. 名前:名無し 投稿日:2016/11/25(金) 23:39:00 ID:429111ab2 返信

    学芸会みたいな映画か辛気臭い映画ばっかりだからな

  3. 名前:名無しの権兵衛 投稿日:2016/11/25(金) 23:50:03 ID:fc57e2afe 返信

    日本映画だけじゃねーだろ何処もクソ映画しか作ってねーだろ
    アクション物もCGばっかで昔みたいなハラハラドキドキ興奮出来るような
    作品がどこにある?
    原作ぶち壊してんのはどこの国だよ

  4. 名前:名無し 投稿日:2016/11/25(金) 23:52:18 ID:bfdf3537c 返信

    高速参勤交代とかそろばん侍は面白かったけどなあ。

  5. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 00:05:43 ID:94a1ba2e2 返信

    庵野ゴジラレベルがバンバン出るのがハリウッドらしいね
    傑作が絶対的に少なすぎるし広瀬すずとかジャニーズとか美男美女なだけの大根だらけだし。プロ野球とメジャーみたい。
    もうだめぽ

  6. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 00:07:13 ID:8b2a73242 返信

    遊ぶ時間と小遣いには限りがあるので、まず最初に日本映画は捨てる。
    なので日本映画がクソかどうか知らない。捨てた時点では確かクソだった。

  7. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/26(土) 00:13:07 ID:2b488fc7f 返信

    まぁあっちこっちの国際映画祭では
    それなりに賞もぼちぼち継続的に取ってもいるし
    それほど駄目という感じもしている訳でもないんだけれど、
    日本の場合、たしかに「映画スター」を育てるシステムはなくなってしまって
    なにかの延長線上で良い人もいるという感じだよね。
    こういうのは資金力も必要だと思うから
    出来るとしたら、日本ではもう安定して大きな収入源を持っているNHKくらいしかないんじゃないかとも思える。
    そういうお金の使い方が許されるのかは分からないけれど、NHKが役者や撮影・監督の発掘から、番組での起用で経験を積ませて、しかも育ったら、その人を他の所でも使う事を許可をする様な事でもして、日本の映像界の一大「人材発掘・育成ステーション」にでもなるしか他に方法もないんじゃないかとも思える。
    そのサイクルで日本映画がまた世界的にメジャーにでもなって行く様なら、そういうお金の使い方をしても賛同をする視聴者も多いんじゃなかろうか。

  8. 名前:  投稿日:2016/11/26(土) 00:13:26 ID:b6be7095e 返信

    つうか世界的にみても良い映画監督なんていないだろ
    現代に誰もが知るような有名な画家がいないのと同じで、メディアとしての旬が過ぎてる

  9. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 00:15:50 ID:ea0f4b57d 返信

    役者が力を持ちすぎてる
    そして話題の役者が出てるってだけで金を落とす馬鹿共

    糞な映画でも儲けられるんだからやめられねーよな

  10. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 00:20:17 ID:210f081ba 返信

    ただの懐古厨やん
    めげずにもっと探せやカス

  11. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 00:21:39 ID:e7d724d54 返信

    事実。
    役者の魅力がなければ、構成もありきたり。その上、金もないときた。どう転んでもクソみたいな映画ばかりできる。

  12. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 00:24:36 ID:9ec71a2a4 返信

    友達と映画を見に行く話になると大概はアニメ映画(ディズニー、ピクサーも含む)で落ち着く。友達と一緒に見るとなると暗い話とか映像映えしそうにない邦画は選択肢にはいらないな気になって見た邦画は随分前の告白かな。クリーピー偽りの隣人は気になってたけど見てないわ。

  13. 名前:そまたえ 投稿日:2016/11/26(土) 00:33:06 ID:375faead5 返信

    ヨーロッパも似たようなもんでしょ。6,70年代以降は大体アメリカのエンタメ映画が圧倒してるけど、もすこし文学的な時代では日本は第一級だったよ。

    欧州でもアメリカでも日本のアニメ見て育った世代があるから、そこのリブートで遺産を確立できたらいいと思うけど、ヤマトとかハーロックとか見てるとうまくいってないね。

    実写化は、実写のしっかりした裾野がないと無理だろうね。ハリウッドがアメコミの再発見やれるのはそれがあるからでしょう。キムタクがやってたりしても無理。

  14. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 00:42:25 ID:f36e2563b 返信

    あんまりお金掛かってない地味な映画の方が個人的には面白いのあったりする

    有名どころは漫画実写化とかゴミカスばっかですねーまじで、監督とか企画した人○ねばいいとさえ思う

  15. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 00:44:25 ID:2edf7d762 返信

    なにもかも薄すぎる。濃ゆ~いのがない。
    濃ゆ~いのが映画には必要。

  16. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 00:44:54 ID:1daa272a5 返信

    黒澤も低予算で叩かれまくりながら映画撮ってたんだから金の問題ではない
    ジャニオタとかアニオタみたいな映画音痴に媚びる映画ばかりなのが何か残念

    • 名前:名無し 投稿日:2016/11/27(日) 09:13:36 ID:65f63057f 返信

      黒澤が低予算で作ってた?
      黒澤映画って客は入るけど金と時間が掛かりすぎて採算とれないから
      映画斜陽期になると干されて行ったんだろ?

  17. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 00:48:15 ID:3441efca9 返信

    映画協会の会長さんが在日朝鮮人に就任してから、日本の映画は衰退していったと
    有名俳優が言っていたのを思い出したw

  18. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 00:48:48 ID:3e33485cc 返信

    いま流れている実写版テラフォーマーズDVDのCMを見てると
    役者が「原作にちかい作品になった」みたいなコメントをしているのを聞くと
    他人事ながら、恥ずかしいというか・・・ダメだこりゃと思うw
    ストーリーの原作は、漫画やアニメ、ゲームや小説だのみで焼き直し映画ばかり
    日本アカデミー賞のノミネートや受賞者は、渡●謙、佐藤●市、中井●一…etc
    まぁーたコノ人かよ・・・みたいな似たり寄ったりばかり
    アニメ映画は世界的に好評でも、「アニメ作品なんて・・・」と揶揄されるは
    なんか色々な賞を受賞され、マスコミもこぞって巨匠扱いする北●たけし作品も
    自分を含め、周りに感想を聞いても「どこが凄いか凡人には分からん」だしw
    昔の角川映画とかを見ると、安っぽくてB級色は否めないけど、
    映画っておもしろいなぁーと実感させられたんだけど・・・

  19. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 00:49:07 ID:504e42702 返信

    日本の映画界が労働闘争に明け暮れて良い人材が寄り付かなくなったからだぞ
    政治闘争は企業を腐らせる

  20. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 00:58:29 ID:ee4af2a3a 返信

    4で言われてた
    あれは久々に面白い邦画だった

  21. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 01:08:01 ID:aad1e492c 返信

    脚本だとか役者がどうこうだとかとは別に「コンテ」が面白くない
    静止画を綺麗にしようとしてるだけで画の繋がりを大事にしてない

  22. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 01:13:25 ID:0f6c9c037 返信

    シンゴジのどこがいいのか。官僚の責任転嫁なんて散々やってきたことだし、映画をつまらくしてるCGを使いまくってるし。

    映画見るの好きで昔の映画もよく見るけど元々邦画はそこまでじゃないよ。黒澤だけ。イタリアとかフランスとかみたいに映画大国扱いするのは違うだろう。

  23. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/26(土) 01:23:53 ID:2b488fc7f 返信

    ※17
    まぁそれはあんまり関係はないと思うけれどね。
    結局60年代の終わりころには全体的に斜陽化をしていて
    それで日活も70年代の初めに「日活ロマンポルノ」とかも始めたわけだし
    そこで面白い作品とか、監督も出たけれど、
    こないだ80年の角川の「復活の日」に出てた草刈正雄の回顧談とか読んでたら、
    当時は日本映画の宣伝なんて誰もしてくれなくて、そこに角川春樹が現れて、TVなんかでバンバン角川映画の宣伝なんかもしてくれるようになって、本当に救世主が現れたみたいな感じだった、みたいな事も言っていたから、こういう企業とか人とかが突発的に現れてくれでもしないと、もう大分前から苦しかったのはたしか。

    • 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 16:20:47 ID:51133aeae 返信

      でも角川って日本映画をアイドルのプロモーションビデオみたいな代物に変えてしまった元凶でもあるんじゃないの?

  24. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 01:26:01 ID:a86e29dff 返信

    小津とか黒沢の名前を出されて議論されたら
    そこからはもちろん日本映画が劣化してるんだが
    なぜ他のアジアの映画にさえ負けてる状態が続いてるのか

  25. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 01:28:23 ID:0f6c9c037 返信

    22の続きだけど、役者も昔から上手い人はほとんどいないよ。原田芳雄とか松田優作とかショーケンとかはハリウッドにも負けないレベルだけど、後はどっこいどっこい。まあ、今の役者に男っぽさが足りないというのは分かるけども。

  26. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 01:30:54 ID:fac0927e1 返信

    だってろくな役者いないじゃん
    若いのも藤原竜也とか小栗旬とか三浦春馬みたいな
    イケメン気取りの変な俳優ばっかで

  27. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 01:32:34 ID:fac0927e1 返信

    客のレベルが低いからの一言に尽きると思うよ
    興行的に成立してるからこうなってるわけで

  28. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/26(土) 01:35:10 ID:2b488fc7f 返信

    ※22
    50年代~60年代半ばくらいまでの、本当の「旬」の時代の日本映画は
    今見ても本当に面白いものが多いし、
    10年に一回集計をされる英国映画協会の映画監督や批評家が選ぶベスト100等で
    「東京物語」が1位とか3位とか獲得をして、他の同時代の日本映画の評価も高いのを見ても、あの頃は本当に「映画王国」の名に恥じない時代でもあったと思うけれど、現状見るに、そういう「システム」って人材的にも資金・経営的にも長続きしにくいものなんだね、って思う事もたしか。

  29. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 01:49:33 ID:fbb7c0325 返信

    その世界に入る若者が何を見て面白いと思っているか。
    映画ではなくアニメである。
    そして、優秀な才能はアニメに行き映画とアニメのポジションは固定されたのだ。

  30. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 01:52:46 ID:049e2dada 返信

    そら娯楽だもん
    偉そうに文句言ってる奴の中で
    真剣に全作品見てるやつなんて居ないでしょ
    ただ叩きやすいものを叩いて気持ちよくなってるだけ
    映画と一緒で叩きだって娯楽だからね
    一番低い所に落ちるだけ
    コメ見てりゃ日本映画駄目になった理由分かるでしょ

  31. 名前:pp 投稿日:2016/11/26(土) 01:53:29 ID:f4a5d34f2 返信

    日本のメディア界、映画界が、韓/国/人や在/日に牛耳られるようになったからだ。奴らが這入り込むと何もかも腐ってしまう。

  32. 名前:ななし 投稿日:2016/11/26(土) 01:55:28 ID:9841ecad4 返信

    近隣アジアにも普通にボロ負けしてるレベルでクオリティ低い
    日本映画黄金期と比べる以前の問題
    韓国はバイオレンス映画の名産地
    台湾はアン・リー
    香港は言わずもがな
    中国?知らん

  33. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 01:57:01 ID:0a3b84763 返信

    珍しく痛いところ突いてるわ・・・

  34. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 01:59:28 ID:0a3b84763 返信

    この海外の反応を日本の映画界で働く人に見せてやりたいわ

  35. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 02:06:52 ID:0a851b2aa 返信

    今敏か。早世の監督でいつかは映画を見たいと思うが、名を聞いてから見ていないな。ハリウッドに模倣される位だから見たいと思う。小津はざっと見た。黒澤は見たいと思うが意外とTVで流さないので見ないな。その内見よう。

  36. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 02:07:56 ID:508c0114a 返信

    芸術性の高い作品に限って興行成績が振るわないのは、世界共通じゃないかね?作られていない訳じゃない。知名度がないだけで。
    最近はハリウッド作品とか、正直邦画以上に観る気がしないけどな。ハリウッドって、もともとエンターテイメント性>芸術性だし。
    エンターテイメント性だけなら、シン・ゴジラとか、るろ剣とか、海猿とかの方が最近のハリウッドよりは面白い。
    他に興行成績もよかった良作だと、容疑者Xの献身、おくりびと、三丁目の夕日、たそがれ清兵衛、武士の一分等々、それなりにある気がする。

  37. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 02:12:17 ID:236e7c19b 返信

    まぁ、正論だわ
    正直、日本映画って、アニメ映画か漫画と小説の実写化か、もしくは、社会問題系10代の恋愛系ホラー系くらいしかない

    漫画と小説の実写化は、売り上げが良いものを脚本にするから、投資してもらいやすい
    あとは、〇〇製作委員会のような小規模映画がほとんど

    アニメ映画もある程度、利益が上がるのが推測できるから、作りやすい

    こういう状況だから、新しい映画が作られることはないし発展もしない

  38. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 02:29:28 ID:0bde2cae2 返信

    中国、韓国映画がルネッサンス?冗談はよしてくれ。大半がハリウッドや他国の丸パクリじゃないか。最近も中国が制作したマッドマックスの丸パクリ映画が近々公開されると聞いたよ。

  39. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 02:40:21 ID:925948ad3 返信

    ハリウッド自体が糞ひり出してるんだけどな。原作がマーベルの実写CGアニメってなんの冗談だよ。

  40. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 02:52:44 ID:508c0114a 返信

    そう言えば、「殿、利息でござる!」もなかなか面白かった。

  41. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 03:19:32 ID:531df12aa 返信

    >シン・ゴジラはかなり良かった。でもあれはアニメの世界にバックグラウンドをもつ監督が実写映画撮影にその技術を持ち込んだものだよね。

    逆だ逆。
    特撮実写映画好きがアニメにその演出技術を持ち込んだのが庵野。

  42. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 03:24:08 ID:53a9b9c04 返信

    ○○ばっかりとか言う人は自分で映画探す気がないメディアで紹介されてる映画ランキングばっかり見てるエセ映画ファンでしょ

  43. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 04:33:05 ID:456e46871 返信

    率直に言って業界が腐敗してるからでしょう
    その証拠に無名の監督が作る又はアングラ専門の監督が作る作品には今だ良作が多い
    なぜなら利権集団が食いつかないから。
    大ヒット原作つきやゴジラのような有名作品ほどハイエナが群がって駄作になる。
    これを腐敗と言わずして何という。まだ言い訳するつもりか?と業界に言ってやりたい!

  44. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 04:49:23 ID:fac0927e1 返信

    日本映画なんて学芸会の出し物レベルでしょ

  45. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 04:53:24 ID:fac0927e1 返信

    シンゴジラみたいな良い映画以外、1円も儲からない世界にならない限り
    これからも駄作が量産されて問題意識のかけらもないバカな客に消費されるだろう

  46. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 04:56:43 ID:813d64e5a 返信

    左翼にあらずんば映画人にあらず。左翼で賢い人を見たことがない。語りの前提が偽善だからね。

  47. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 06:27:46 ID:df5f61c32 返信

    日本映画にも結構面白いの多いよ
    ただ宣伝されるのがテレビ局の紐付きタイアップばかりだから
    どうしてもつまらん映画ばかり表に出てしまう

  48. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 06:35:37 ID:a0566fd5d 返信

    はてさてここのコメ欄で愚痴愚痴愚痴愚痴批判してる人の中に昨今の邦画界の改善の為に本気で何か出来る品格と実力のあるのはいらっしゃるのでしょうか。
    文句だけで何も起こさない。現状を批判出来るのなら直接邦画界に殴り込んでクレーム出来るのではないでしょうか。

  49. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 06:54:49 ID:286a89c71 返信

    ここ6、7年まるで観る気のおきない洋画と比べたら
    「観てみようかな」と思える作品のある邦画の方が
    マシだと思うがね。

  50. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 06:56:39 ID:67111ea8b 返信

    `レンタルビデオ屋が元凶だよ

  51. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 08:03:39 ID:1adc36311 返信

    良作はあるけど世間の関心が集まらない
    世間の関心が集まるような大作はほとんどが駄作
    頭の悪い若い女とかが見て「すご~い」「感動した~」と言うもんだからアレ
    優秀なオタクは漫画やアニメ、ゲーム業界に流れるし、若い映画監督が自由にやって育つ土壌も無い

  52. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 09:16:47 ID:0a3b84763 返信

    必死に反論してる人いるけどさ
    日本の映像業界は腐りきってるよ
    現実見たほうがいいって

    • 名前:団塊 投稿日:2016/11/28(月) 09:11:20 ID:4b5dede7c 返信

      全く同意!
      客が展開を先回り出来てしまうものばかりw 驚きが全く無い。

  53. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 10:23:27 ID:7e0afe6a4 返信

    インディーズ映画も資金集まらなくて頓挫している子多いよ
    クラウドファンディングも周知が足りなくて出資者もいないし、
    もうどうしようもない
    人材が育たない

  54. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 10:45:41 ID:84fe319f4 返信

    良いのはあるんだけど坦々として湿っぽいから
    まあ客集まらないんだよなぁ
    若者向けのアニメや実写映画に比べたら上映館数も少ないし。
    何事もそうだけど自分から掘っていかないと良い物は見つからないよな

  55. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 11:08:57 ID:ecb5a0670 返信

    小津も黒沢も存命の時代からとっくに顕在化してた問題じゃん
    金が出ないから売れ線の鋳物商品しか作れない
    作り手はみんな安く作れるテレビやアニメ漫画小説に流れていく、娯楽の多様化でパイ自体も縮小
    盛り上がるのは宣伝や身内が噛んでる芸能界の一部だけ

  56. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 11:27:45 ID:f51dab8d5 返信

    アニメと漫画が強すぎて実写が育たないんだろうね
    cg使うと海外に負けてるからひどいし

  57. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 11:43:32 ID:b47a5d180 返信

    ぶっちゃけ、ハリウッドもクソなんだよね
    映画そのものが衰退しつつある

  58. 名前:   投稿日:2016/11/26(土) 12:16:36 ID:e976dc8d5 返信

    日本の映画はもう日本人が作ってないからw
    なんせ日本映画監督協会理事長が韓国人だしw
    日本のテレビも朝鮮人に汚染されてるからそりゃつまらなくなるw

  59. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 12:35:01 ID:2c412b8e6 返信

    スタージョンの法則

  60. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 13:27:45 ID:031be9c95 返信

    日本映画は最近盛り返してきたと自信を持って言えるよ
    特に今年は何年かに一本レベルの良作が何本もあって洋画より邦画が印象に残ってる
    このまま安定してくれるといいんだけどね…
    ところで黒澤の時代に映画大国だったイタリアやフランスやドイツの映画は今どうなってるの?
    大作は全くないようだけど

  61. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 16:53:35 ID:2eb4548f7 返信

    好みの多様化で大ヒット作を作るのが難しくなっている現在で興行的な部分に重きを置いたなら
    既にファン層がついているものの練り直しや関係ないアイドルの起用になってしまってそれで顧客を確保しようということを続けていたわけだ
    好みが多様化してもブランドだけで売りさばこうとしたから内容が伴わなくなった
    まあその風潮は日本だけじゃないけど洋画の大作は金をかけてテクノロジー的には最先端を使ってるから見ごたえはあったのよね

  62. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 17:54:40 ID:92de31276 返信

    有名原作漫画と大根ジャニーズでしか予算が降りないから仕方ない

  63. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 19:38:43 ID:cea1502b5 返信

    優秀な人は漫画描いてるよ
    どうしても動画にしたいって人はアニメ作ってるよ
    漫画とかアニメはちょっと…って人は小説書いてるよ
    映画はオワコンだよ

    • 名前:団塊 投稿日:2016/11/28(月) 09:02:28 ID:4b5dede7c 返信

      日本映画は左翼が占領し、仲間しか引き入れず自滅してるに過ぎない。

  64. 名前:名無しさん 投稿日:2016/11/26(土) 20:09:33 ID:718bd6d77 返信

    外人さんよお、とことん日本の実写映画の批判をしてくれ。ただ、こういう批判が経営者や監督にとどくかどうかは分からんけど。映画ファンは読むと思うよ。
    『進撃の巨人』のことも書いてくれてたけど、本当にあの映画は不快でたまらんかった。特撮が情けなくても、脚本と監督がまともなら、ドラマはそこそこ見られたと思うのだが・・・。でも、あまりにもひどすぎた。あれが、海外に出るかと思ったら、ホントに恥ずかしかった。

  65. 名前:名無し 投稿日:2016/11/26(土) 20:25:52 ID:2a5e6613e 返信

    日本映画に限らずいまは世界中の映画がクソですが…

  66. 名前:名無し 投稿日:2016/11/27(日) 00:52:53 ID:8bceb9161 返信

    害人に言われなくても日本人は分かってるわ!
    だから日本ではアニメが発展しアイデアが豊富なんだよ。ハリウッド映画は映像は素晴らしいがアイデアなく驚きもない。だからアメコミの映画化
    を連発している。

  67. 名前:名無し 投稿日:2016/11/27(日) 01:16:22 ID:f84d738a4 返信

    漫画のコスプレは大作映画にカウントしないで下さい

  68. 名前:名無し 投稿日:2016/11/27(日) 09:36:29 ID:cadafe86e 返信

    ラノベ原作が氾濫してる日本のアニメがアイデア豊富とも思えないけどな

  69. 名前:名無し 投稿日:2016/11/27(日) 14:17:25 ID:39201a226 返信

    業界の人達が口を揃えて予算が足りないといってるので
    日本にバブル景気が再びこない限り邦画に望みはありません

    • 名前:団塊 投稿日:2016/11/28(月) 09:00:09 ID:4b5dede7c 返信

      無能な連中に幾ら予算渡しても無駄!

  70. 名前:名無し 投稿日:2016/11/27(日) 15:57:36 ID:0b6578df8 返信

    つまらない映画作るから客が入らなくて予算が足りなくなるだけじゃないのか?
    国全体の経済力は関係ないだろ

  71. 名前:名無し 投稿日:2016/11/27(日) 22:08:37 ID:fb5c4b012 返信

    >予算が少ないこと、そしてジャニーズ?とかそんな感じの事務所所属のアイドルを優先的に起用する傾向。
    >演技力の有無ではなく芸能事務所が売り出したいタレントが使われているような気がしてならない。

    今回は1から10まで外人の言うことが正論だわな
    ・テレビに人材が行っている
    ・ジャニーズを利用している

  72. 名前:名無し 投稿日:2016/11/27(日) 22:29:22 ID:e8efcaf75 返信

    ランダムに情報があるような時代だし
    掘り下げていけば好みに合うものは溢れてる。
    どのジャンルも同じような現象が起こってる。
    個々で楽しんでる人がいる中、上っ面だけのバカが非難して気持ちよくなってるだけだな。

  73. 名前:名無し 投稿日:2016/11/27(日) 23:43:55 ID:9f3b55c2b 返信

    確かに邦画は見ようと思わない。
    アニメを実写化しないでほしい。
    福士蒼汰演技下手すぎw
    山田孝之すこw
    あ ようつべのThe Ryuji Show見てみw
    この人の映画レビュー好き

  74. 名前:団塊 投稿日:2016/11/28(月) 08:57:07 ID:4b5dede7c 返信

    大島、タケシ、崔、井筒、園・・・ゴミ映画しか無いなww

  75. 名前:団塊 投稿日:2016/11/28(月) 09:24:01 ID:4b5dede7c 返信

    伊丹が暗殺されてから誰も社会派作品撮らなくなったな。口先だけの屁タレばっかw

  76. 名前:名無し 投稿日:2016/11/28(月) 15:23:26 ID:03b9de6d3 返信

    大島って大島渚のことか?
    もう死んでるじゃん
    それに少年や絞死刑は傑作だぞ

  77. 名前:いてきせ 投稿日:2016/11/29(火) 02:01:13 ID:179cdbe3a 返信

    衰退したハリウッド>>>全盛期の日本
    だからね
    君の名は。のような子供騙しの駄作に涙するような国民ばかりだから深い映画なんて生まれないしもし生まれても注目はされないだろ
    もう諦めるべき

  78. 名前:名無し 投稿日:2016/12/03(土) 22:07:06 ID:779e7632c 返信

    そもそも国際的に黒澤と武以外の邦画は知名度低いだろ
    英語圏じゃないし、日本はアメリカやインドみたいに金かけない

    それに英語の提示版Redditでも書かれているけど今の欧米の若者は
    映画よりもゲーム(FPS)やSNSに夢中なんだと

    監督の思想を受け入れるんじゃなくてストレス解消としてゲームが好まれている