スポンサーリンク

SNSでシェアする

1955年のドク 「日本製?そりゃ壊れて当然だな」

『バックトゥザフューチャー』にみる日本製=粗悪品だった時代

1955年のドク「故障するのも不思議じゃないな。”メイドインジャパン”って書いてあるぜ。」
236df1ad3ea5e6a212a7be8591c56c15

1985年からやってきたマーティ「どういう意味?日本製は最高だよ」
537c56962f6a9d80f6de1f827c69c19a

(投稿者)
これは僕がもっとも好きな映画シリーズ『バックトゥザフューチャー』のパート3の一場面。
1985年の未来からやってきたマーティが、1955年に生きるドクとともに壊れたデロリアンを修理しているところだ。このマーティの返答に対して、ドクは「Unbelievable!」と答えている。

今では日本は品質と同義語みたいなものだけど、明らかにそうではない時期があった。
この映画のワンシーンもそうだし、知り合いの年配の方の話を聞くと”Made in Japan” が我々に意味するところは、今でいう”Made in China”や “Made in Taiwan” だった時代があったようだ。

そこでなんだけど、この認識はいつの時点で変わったんだ?彼らは何が変わったの?
1955年のドクから、1985年のマーティまで、この30年の間に「安かろう悪かろう」から「最高の品質」にどう変化したんだろうか?

スポンサーリンク

この投稿へのコメント

父は1956年生まれだけど、若い頃は日本製のイメージといえば粗悪品だったらしい
当時品質を保証する記号といえば”Made in USA”だった

1955年は”Made in USA”を猛プッシュしていた時代
この頃のアメリカは日本に限らず外国製は低品質とみなされていて、嘲笑の対象だった

日本のテクノロジー部門の爆発的成長を指しているとすれば、それは70年代に始まったこと
それ以前は日本からの輸入品は今ほどの量ではなかった

70年代のエネルギー危機を契機に80年代以降に多くの人が日本車を買うようになった
これが認識の変化を生んだんじゃない?

日本が戦後復興期に特化していたもの、それが今まさに中国がやってること。「安価」「低品質」「大量生産」。
その後、日本では戦後世代が大学に進学、経済が好転、製造業が発展して、特にエレクトニクス産業の拠点になるにつれて、品質の問題は改善した。
大体、最初の戦後世代が大学を卒業して社会に出た70年代半ばの出来事だな。

70年代半ば~80年代初頭だな
代表的な例としてはウォークマンやファミコンが頭に浮かんだ

エドワード・デミングを読んでくれ。彼は日本企業を世界的に有名にする助けとなった戦後品質管理の天才だった。
日本製が元々今でいう中国製と同義だったのは事実。中国は50年代はほぼ農家だった。

W・エドワーズ・デミング -Wikipedia
第二次世界大戦前後にアメリカの生産性向上に尽力した。また、特に日本に限った話としては、その日本への影響でよく知られている。彼は1950年から日本の企業経営者に、設計/製品品質/製品検査/販売などを強化する方法を伝授していった。彼が伝授した方法は、分散分析や仮説検定といった統計学的手法の応用などである。デミングは、日本の製造業やビジネスに最も影響を与えた外国人であった。このため、以前から英雄的な捉え方をされていたが、アメリカでの認知は彼が死去したころやっと広まり始めたところであった。 日本での工業製品の成功がデミングにあると知ったアメリカ工業界は教えを請おうとしたが、自分の考えに過去冷淡であった事からあまり熱心に関わろうとはしていなかった。

┗70~80年代に日本で起きた革新の影響を強く受けて、品質工学は研究・実践双方における重要な領域になった。その後、自動車やコンピュータ機器の日本製の品質は一流とみなされるようになり、80年代はその勢いが止まらず、マイケル・キートン主演の『ガン・ホー』みたいなお馬鹿映画も産まれた。

ガン・ホー -Wikipedia
『ガン・ホー』(Gung Ho)は、1986年に製作されたロン・ハワード監督、マイケル・キートン主演の喜劇映画。
『ビューティフル・マインド』でアカデミー監督賞を受賞したロン・ハワードが1986年に当時バブル期だった日本を取り上げ、文化・経済面での“日米摩擦”をテーマに製作した喜劇映画。当時、アメリカで公開された際にはヒットを記録し、その後テレビドラマ版も製作されたが、日本に対する見方や日本文化に対する誤解などが極端すぎたため日本ではビデオ発売のみとなっている。よくある日本の間違ったイメージを意図的に取り込んだ映画としての見方もあり、作品自体に賛否両論があるが、大筋は労働者と管理職、地元とよそ者の対立と和解という定番展開であり、喜劇映画定番のさわやかなエンディングで締めている。

日本が他のどこよりも優れた効率的な品質管理システムを作り上げたときこそ、彼らが製造業の覇権を取った瞬間。
リーンやシックスシグマのような品質管理システムは彼らの細かい部分まで注意を払う気質に合っていたために、日本で完成をみた。
そして80年代~90年代の始めには欧米社会でも、日本製は一貫して高品質であると認識が見直され始めた。

トヨタもホンダも最初にアメリカ向けに販売を始めた頃は良い車を売ってるわけじゃなかった
それが今はどうだ

┗日産がダットサンと呼ばれていた頃は、ダットサンはアメリカの自動車と比べたら全て粗悪品だった。

ダットサン(Datsun)は、かつて日産自動車に於ける小型車(乗用車・小型トラック等)部門であったブランド(商標)名である(2012年、新興国向けに復活した)。

日本は世界経済の覇権を握る寸前までいったのに、稚拙な見立てが創り出した最悪の不動産バブルが悔やまれる
今もそこから回復できていない

家電製品とかその辺の認識の変化についてはもう少し早かったんじゃないの?
60年代半ばには、車雑誌はトヨタを称賛していたし、ホンダのバイクはハーレーからシェアを奪っていた。ソニーはカセットテープ分野で競争に勝っていた。
50年代は全く話が変わる。ラジオシャックがアウトソーシングした自社ブランドはただのゴミだった。しかし、その10年後にはパイオニアやケンウッドがマーケットを席巻して米国内市場は大混乱に陥った。

ラジオシャック(RadioShack Corporation、NYSE: RSH)は、家電販売店のチェーンをアメリカおよびヨーロッパの一部、南アメリカやアフリカで展開している企業である。2008年現在、売上高は48億1000万ドルである。ラジオシャックの本社はテキサス州フォートワース中心部にある。

『博士の異常な愛情』(1964)より
ライオネル・マンドレイク大佐「不思議なことに日本人は良いカメラを作る」
drmo-dr-strangelove10

┗カメラについては最初期の例だな
戦争前は日本人は西洋のカメラ(主にライカ)の模造品を作ってたけど、やがて革新が始まり、1959年にNikonは最初の成功した一眼レフ”Nikon F”を発売、業界をリードする存在になった。
こういうパターンはたくさんあると思う。小さな企業が模倣から初め、知恵を使って改善し、最終的には自社製品で革新を起こす。
1024px-nikon_f_dsc_6498_2

[Image via]ニコンF

ライカ -Wikipedia
1950年代ごろまでの日本のカメラメーカーはライカを目標にして小型カメラの技術開発を行なっていたが、1954年に発表されたライカM3はレンジファインダーカメラとして当時最高とまで言われるほどの技術を余すところなく投入しており、その性能の高さのあまり日本のカメラメーカーがそろって開発方針を一眼レフカメラへと大転換させるきっかけになった。ライカM3は今でも名機と賛美する人が絶えないが、このことが逆に現在主流の一眼レフカメラへのライカの参入を遅らせてしまうことにもなった。

70年代の石油危機が大きな転換点になった
日本車はそれ以前からあったけど、貧乏人のための車だとみなされていた。エネルギー危機でガソリンを食うミシガン製の大型車が突如持続不可能になったとき、人々は燃費の良い日本車に目を向けた。
実際に乗ってみると質が良かったから、危機が沈静化した後も日本車は米国市場にとって重要な競争相手になった。

ドイツ製も似たような経緯を辿ってると聞いたことある
イギリスの法律で”Made in Germany”というラベルの表示が義務付けられていて、それでイギリス国民が粗悪品を見分けていたとか。
50~60年代にドイツの復興が進むにつれてその意味が変わった。
fag_made_in_germany_pic1

1970年代半ばには、日本製が欧米製の安価なコピー品から進化して、その多くを完全に超えていった。
僕はこの現象が中国でも起きるのではないかと思ってる。70年代の完璧な出来にこだわっていた日本と比べると、中国は製品を使い捨てる姿勢があるように思えるけど、中には本当に良いものも出てきている。

これは近年の韓国で、そして中国では現在進行形で起きてること。
国の教育水準が高まり、企業が専門性の高い領域で多くの経験を積み重ねることで、製品の品質が上がり評価が変わる。

┗そしてマーケットは質よりも価格を求めはじめ、同じサイクルがどこかの国で繰り返されるんだな

いつの日か製造業の拠点が中国からインドへ移動した暁には、人々が”Made in China”がどれだけ優れているか語り合うことになるだろう

┗工場の多くは既にタイやベトナムやインドネシアといった東南アジアへ移転が始まっている

同様に、そう遠くない昔サムスンやLGは粗悪ブランドの代名詞だった
今や彼らは巨大企業

この現象は韓国のエレクトロニクス・自動車産業でも90~00年代初頭に起きて、今は中国で起きつつある。ハイセンスが中国のエレクトロニクス分野のイメージ回復に一役買ってるけど、すぐに中国の自動車ブランドがメインストリームに乗ることは無いと思う。
ハイエンドの電子機器のほとんどは”Made in China”だけど、”Made by China”つまり純粋な中国のブランドについてはまだまだ発展途上。

海信グループ(ハイセンス・グループ、中国語:海信集团(簡体字)、英語社名:Hisense Group)は、中華人民共和国山東省青島を本拠とする電機メーカー及び企業グループの総称。

┗それもすでに起こりつつあるよ
DJIは消費者向けドローンの分野では、ライバルが存在しないほど圧倒的ナンバーワン

DJI(中国語: 大疆创新科技有限公司=大疆創新科技有限公司、英語: Da-Jiang Innovations Science and Technology Co., Ltd.)は中国広東省深圳にある会社で、民生用ドローン(マルチコプター)およびその関連機器の製造会社である。商用ドローン業界最大手であり、世界シェアの70%を占めている。

バックトゥザフューチャーの頃には古いジョークの対象みたいになってるんだな。50年代のドクの視点は当時の真実だった。これは第二次大戦後の社会状況と関係している。
それが遅くとも70年代終わりまでには日本製は粗悪品という認識が消え、僕が子どもの頃は「日本」の部分が「韓国」や「マレーシア」に置き代わり、今はそれが「中国」や「インド」になったわけだ。

goo.gl/rgS3zh

コメント

  1. 名前: 投稿日:2017/01/05(木) 14:10:16 ID:d21b55b36 返信

    白人様の作ったルールの中で先代の日本の人達はよく頑張った

  2. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 14:10:39 ID:f53805a40 返信

    当時は戦後間もないから、敵国のものは低品質というレッテルが貼られていただけ

    • 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 16:12:23 ID:f0aaeed21 返信

      俺もそう思うよ
      プラスしてそもそも業種が異なっていた
      木工品、繊維、陶器など電気製品や化学製品等とは縁遠い業種がメイン
      先人は一から努力したんだろうな~

  3. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 14:18:59 ID:6e39ceaad 返信

    わーわー聞こえないニダ

  4. 名前:名無しさん 投稿日:2017/01/05(木) 14:23:11 ID:4ce940cb8 返信

    日本の気候のおかげで日本車は世界中の気候に対応できたから人気がでた。
    昔は夏の高速でオーバーヒートしてるの外車をよく見かけた。
    外車は燃費が悪く壊れるイメージだった。

    • 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 16:22:24 ID:f0aaeed21 返信

      確かに立地による部分も影響はあったんだろうな
      四季の変化が大きく、地震も多く火山国による土地に起伏が多く、海に囲まれ塩害も対策する必要がある
      人口密度も高く、資源も少ない
      ちょっと考えただけでかなりの過酷な条件を衣食住の商品全般がクリアしないと使い物にならないからね

    • 名前:名無し 投稿日:2017/01/06(金) 12:25:21 ID:d050637f8 返信

      環境に適応したラジエターが真夏にも対応できたからな。
      ドイツやイギリス車は高温に対応していなかったから、昔のミニクーパーは壊れまくりだった。
      アメ車は重量からリッター2.3キロだっし

  5. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 14:35:09 ID:cb11dc262 返信

    当時の日本が今の支那と同じと言われるのは心外だ。
    零戦が当時世界最高の性能だったことから見ても、
    当時から日本の製品が現代のチャイナ製のような
    粗悪品では無かったことが伺い知れる。
    アジアを一纏めで見下していた当時の欧米人は
    ただ単に使う前から粗悪品だと決めつけレッテルを貼っていただけ。
    同じことは和食にも言える。
    2、30年前くらいは生魚が気持ち悪いとか未開だとか、
    味噌汁も泥水みたいだとか言われて相手にされなかった。

    • 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 14:39:35 ID:c61b5d644 返信

      90年代頭の小説「ライジング・サン」では登場人物が「水銀まみれの魚なんて」とか言ってたけども、和食自体は70年代半ばからイメージが変わっていってたよ

    • 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 15:51:58 ID:b428631c9 返信

      製造技術は大敗してたが?
      図面引くのは簡単でも作るのは難しいんだよ笑

    • 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 18:36:23 ID:05006c7f7 返信

      >零戦が当時世界最高の性能だった
      これはない
      高馬力エンジンが作れなかった割には頑張ったという程度
      防弾能力を捨てて格闘戦に特化させただけ
      その能力を引き出す為には熟練パイロットが必要で、それが無くなった大戦後期には一撃離脱戦法にいいようにやられるだけでしかなかったし
      というか戦車を比較すれば列強との差は一目瞭然よ

      • 名前:権兵衛 投稿日:2017/01/05(木) 19:09:28 ID:6e0b4c755 返信

        零戦が「当時」世界最高だったのはまぎれもない事実。
        ただ、戦争中は技術が飛躍的に進む。大戦後期には時代遅れなのは当然。

        当時の日本は技術はあっても経済力がなかった。零戦を運んだのは牛車だったww
        これではどんなに軍備を持ってもダメだ、と分かったからこそ、戦後は経済大国を目指した。経済力がないということは、品質管理や部材の供給が貧弱だということ。ソ連の軍事技術は一流だったが、それを経済力に変えることができなかった。

  6. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 14:36:10 ID:c61b5d644 返信

    1970年代前半の外国の教科書に紹介された日本のイメージは物真似製品と公害は付いて回ってたな
    製品に関しては80年代以降は評価に変わってたけど公害に関しては90年代前半まで引っ張ってたように記憶している

  7. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 14:46:35 ID:fd785e2f5 返信

    車とか最初は劣化の粗悪品売ってたのは事実だろう、少し調べるだけでもわかることだわ
    いまの中国の粗悪品との違いは、粗悪品を安価で売りつけるのが目的じゃなく、粗悪品じゃなくなるようひたすら改良に力を入れてきたってこと。粗悪品を売ってたことは事実なんだから、外人は最初から日本製は粗悪品だと決めつけてレッテル貼ってた!ってのが外人に対してレッテル貼ってるんだよ

    • 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 15:00:01 ID:4381b1f6c 返信

      >車とか最初は劣化の粗悪品売ってたのは事実だろう
      少し語弊があると思われ
      日本とアメリカでは使用環境が大きく異なり、要求性能が合ってなかったため粗悪品と見做されたのだと思う。
      品質自体は悪くは無かったが、要は仕様が合ってなかった。

      • 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 17:12:51 ID:2132f1465 返信

        品質は悪かったに決まってるだろ。アメリカで最初に売られたトヨタのトヨペットクラウンは欠陥がありすぎて坂すら登れなかったって話は有名だぞ?そこから世界一の自動車会社になったっていう先人の改善が見習うべき尊敬出来る所なのに、欠点から目を背けて何でもかんでも日本は昔から凄かったって言うお前みたいな奴が国をダメにしていくんだろうな。

        • 名前:名無し 投稿日:2017/01/06(金) 11:18:33 ID:bc7926e8e 返信

          国をダメしたのは昔の日本は全てクソだったと思ってるお前みたいな奴だろ

          • 名前:  投稿日:2017/01/06(金) 13:51:16 ID:610fbad5a 返信

            んー、どっちの言ってることも一理あるような気がする。
            物の無い時代に作ったものだし、本当にいい物もあれば粗悪品もあっただろう。海外向けに作るっていうのも当時ではあまり無かっただろうから気候の違いによる不具合なんかもあっただろう。
            あの頃はまだアメリカでも人種差別が今よりもっとひどかったからそんなものも手伝って、有色人種が作った粗悪品は目につきやすく槍玉に挙げられがちで、良い物は見ないふりされたという部分もあったんじゃないだろうか。想像でしかないけども。

            • 名前:名無し 投稿日:2017/01/06(金) 19:55:57 ID:96256e0b6 返信

              当時は輸送環境も悪いから機械ものは不具合が多かった。国内品の方が品質に問題ない。ドイツ製もイギリスに海を渡ると錆びたり振動でダメになったり。

              • 名前:  投稿日:2017/01/06(金) 23:42:07 ID:610fbad5a 返信

                なるほどねー。確かに当時の輸送技術考えたらそうか。
                輸送にも耐えうる製品と、製品の品質を維持する輸送と、両方の努力を惜しまなかったんだろうね。

  8. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 14:48:00 ID:77bbeb718 返信

    オイルショックの影響も大きいんじゃないかな
    それまでのアメリカの重厚長大型から日本の軽薄短小型へと社会が変貌した

  9. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 14:49:30 ID:5b2fc9ee9 返信

    当時の日本製は単純に安物=低品質って考えなだけ。
    日本人は昔から物を長く使う習慣があったからな。
    今じゃ日本製=高くて高品質になったけどな。
    昔の様に低価格高品質にすれば良いと思うけど、無理な話になったからな。
    けど日本人の悪い所は金を掛けて高品質に拘るあまりブランド化し過ぎてる所だよな。関税があり内需を守るのは良いが高価格高品質を国民に押し付けてるのに所得はあまり変わらんから生活に余裕が無い。
    まあ低価格の品を大量に作るより高価格高品質を作る方が効率が良いし労働力も少なくて済むからな。

  10. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 14:50:09 ID:77aa87f25 返信

    素地は大昔からあったと思うけど
    職人文化が根付いてるじゃん
    戦時中だって零戦とか色々さぁ
    戦後の混乱とか偏見とかもあるだろし、今の中国と一緒にされるのはねぇ
    楽して儲ける事だけ考えて粗悪なものしか作れない中韓とは違うよ

  11. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 14:51:31 ID:f81a93465 返信

    日本の工業製品がかつて粗悪だったのは間違いないよ。
    戦後、アメリカに工業製品を輸出していたけど故障が頻発し、原因を調べてみると船での輸送中に熱やら振動やらで壊れてた、という事もあったそうな。
    トヨタの車もすぐに故障するので、当時はサポートがすぐに現地に行けるようにしてたとか。

    まあ、そこから原因究明→改良→次の製品に生かす、という事を繰り返した結果、日本の工業製品は世界一とも言える高性能化を果たすことができたんだけどね。

    • 名前:774 投稿日:2017/01/05(木) 20:11:38 ID:9c56aa477 返信

      輸送中の破損は、プロジェクトXのトランジスタラジオの回でやってたね

  12. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 14:53:34 ID:ebc6f283e 返信

    よく調べもせず「USA! USA!」って自国を持てはやしてただけだろw
    今でもあいつらはそうだよ

    • 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 18:41:04 ID:05006c7f7 返信

      ここのコメ欄には、よく調べもせず日本は今も昔も最高!って人が大勢いますけどね

  13. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 14:55:40 ID:6a2f5805c 返信

    サムスンは去年のやらかしでだいぶ株を下げちゃったな
    せっかくここまで評価してもらってたのに
    また1から出直しだ

  14. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 14:56:41 ID:57660cb15 返信

    日本には仕事に対する誠実さ、熱心さ、誇りといったものがあったのも一因だと思うけど、中韓はそういうものがなく、拝金主義優先で製品に全く信用がない。

  15. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 14:57:51 ID:4ce940cb8 返信

    昔の日本の
    生産>品質>安全
    今の日本
    安全>品質>生産

  16. 名前: 投稿日:2017/01/05(木) 14:58:35 ID:bf46dbcbf 返信

    戦後の混乱期で町工場から世界規模に発展したんでしょ。最初粗悪でもしかたないね
    でも今は日本スゲーばっかで増長しすぎ
    日本が発展した大きな原因は、他から謙虚に学ぶ姿勢だと思うよ
    思い出してほしいね

  17. 名前:ななし 投稿日:2017/01/05(木) 15:04:16 ID:ea140efd6 返信

    米軍の徹底した爆撃で日本の工業基盤が壊滅したのだから、終戦まもないころの製品が粗悪品なのは当然。ドイツだってそうでしょ。アメリカ製の最新工作機械を輸入して再出発したときに、日本がなぜ負けたのかを一生懸命考えた。そのひとつの答えが工業製品の統計的品質管理だった。だからデミング博士の教えを請うて、いっしょうけんめい勉強した。最新の工作機械と最先端の品質管理思想、そして真空管に代わる半導体でラジオとテレビを作って欧米の製品を圧倒した。欧米は真空管技術がすぐれていたのでいつまでも真空管から離れられなかった。日本はそのスキをついた。戦争には負けたが、そのくやしい分だけ産業でがんばった。

    • 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 18:57:24 ID:66165331f 返信

      工作機械なら戦前からアメリカとイギリスから輸入してたよ
      国内の工作機械メーカー産なんて品質が悪く全体の半分にも満たなかった。
      戦争後半に日本の兵器の故障率が跳ね上がった原因の一つ。

      あと上で零戦零戦言ってる人がいるけど零戦は艦上機としてみれば最低の機体だよ
      70年代の高級アメリカ製と廉価粗悪の日本製を知らない世代が増えてきてるんだな

  18. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 15:06:05 ID:11c1bc8e8 返信

    へぇ ドイツもそうだったのか知らなかった

  19. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 15:09:19 ID:40f5a98c9 返信

    日本の工業力がかつて低かった事は疑いようもない事実
    WW2時も比較が米なら工業力自体は低かった
    特にマテリアル系で大きく後塵を拝してたよ

  20. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 15:13:20 ID:55e4ccde5 返信

    どうもコメント欄みてると戦後すぐの日本では粗悪品やコピー商品が横行してたってことさえ認めたくない無知がいるようだな。
    若いからって事実から目を逸らしても生産的なことは何もないぞ。
    現実をどんどん改良していった先人に倣え。

    • 名前:F欄生 投稿日:2017/01/05(木) 16:33:05 ID:cafcb2a3d 返信

      本当にその通りですねぇ
      堀越さん達当時の一線で働いてたエンジニアの大半が認めてるのになに言い訳してんだか。
      ところでデミング兄貴はもっと評価されるべきだと思う
      彼が調べなきゃわからないレベルの扱いに終始しているのは、どうも外人を表に出したく無いという意図を感じるよね。戦後復興は日本人だけの手でやった!という思い込み。トヨタ生産方式とか言ってるぐらいならデミング褒めてやれよと思うわ。

  21. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 15:19:14 ID:f1f82985c 返信

    プロジェクトXのトランジスタラジオの回でやってたよな
    船での輸送中の温度変化と潮風に耐えられなかったって
    昔は輸送技術も低かった

  22. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 15:21:12 ID:a273e5333 返信

    まぁ日本人はリアルドワーフなので
    妖精族の一員であり奔放で自由気まま 職人気質の堅気精神
    義理と人情と信義に厚く酒を愛し 武器を取れば勇猛な戦闘民族

  23. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 15:24:14 ID:b1a6f13c8 返信

    ホンダのバイクがシェアを奪ったのはハーレーなんかじゃなくて、トライアンフとかノートンとかの高性能バイクだろーが

  24. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 15:24:51 ID:71ef9fbe7 返信

    これ結構有名な話だけど
    知らないだけならまだしも、デマ扱いしてるのは流石に呆れるわ
    日本の産業がほとんど欧米のパクリだって事実も分かってなさそうだな

    • 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 15:33:45 ID:b40ffa16b 返信

      おまえさんみたいに
      模倣と盗難を「パクり」で一緒にするからややこしくなるんだよ
      万引きと銀行強盗を「パクり」の一言で片付けてるようなもんだ

  25. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 15:28:47 ID:4ce940cb8 返信

    最初から良い物作れる訳ないじゃん
    不良品の改善を重ね新しい物を追求した結果からの信頼じゃんか

    中国や韓国は何故それをしない

  26. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 15:30:14 ID:b40ffa16b 返信

    粗悪品でも中国と一緒にされては困るな
    粗悪品を流す中国と造っても力の及ばない時代の日本
    粗悪品と低品質じゃ意図も努力も全然違う
    現在ほど数数数数な時代じゃない
    結局は日本人の真面目さと追求心だろうよ
    ”今のまま”続けても中国は30年後粗悪品じゃないってことは無い
    粗悪品じゃなくなるのは意識の変化が必要

  27. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 15:30:41 ID:d280b1b0d 返信

    またアメリカの「戦後にアメリカが日本を良くしてやった」プロパガンダね、ハイハイ
    歴史上で日本が粗悪品作ったってのは二つの時期だけ
    開国して工業化した時に輸出用の絹を納期に合わせるのを優先して質より量だった時期
    戦後に工場は破壊され熟練工も戦死や処刑されたのに朝鮮戦争でアメリカが納期滅茶苦茶で大量に物質要求した時期
    このシーンの1955年って正しく朝鮮戦争直後でしょう?
    朝鮮戦争時期のアメリカは日本人に「明日までに◯◯を10万セット作れ」とか馬鹿みたいな注文してたんだよ
    日本側もブチ切れて3カ所溶接すべきところを1カ所だけにしたりボタンを縫い付けずに糊でくっつけてアメリカに売りつけてたからねw
    欧米は黄禍論が出てくるまでは日本製の品質が良いって喜んで買ってたくせに
    日本製の緑茶なんか高品質でアメリカが一番喜んで買ってたからね
    オールドノリタケでググってみたら戦前は西洋が日本製大好きだったのがわかるよ
    アメリカのプロパガンダは常に嘘をついて他国を侮辱するから嫌われるんだよ

    • 名前:名無し 投稿日:2017/01/06(金) 10:31:22 ID:81d906dfc 返信

      、GHQもまさかここまで自虐的になるとは思わなかったやろなw
      一億総特攻だ!って竹やりで戦おうとしてた民族を
      おとなしくさせるためにかなりがんばったよなw

  28. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 15:34:28 ID:4ce940cb8 返信

    自動車会社はライバル社の車バラして研究するからな。
    特許に触れない程度に

  29. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 15:41:51 ID:2e121c9a3 返信

    ラジオだっけ?異常な発注数で梱包が間に合わず輸送中潮風を浴びまくって
    アメリカに着く頃はひどい状態になってて日本製は駄目だって言われたとか
    そういう事例もあるからなあ・・・

  30. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 15:45:18 ID:6208d07f2 返信

    賠償金のかわりに工作機械を持ってかれたんだよ
    そのせいで物作りが手工業のレベルになってしまった
    しかしおかげで?工作機械のJIS規格が海外に広まった

  31. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 15:47:00 ID:fbcf7aadb 返信

    戦後すぐの頃の低品質はまぁ事実。その後に良い物を作るようになったけど、やはり「敗戦国」というレッテルから嫌われていたのも事実。

    製造管理のコンサルタントの人から聞いた事があって、アメリカの見本市に日本製の玩具を並べると最初はコレいいなって手に取るんだけど、Made in Japanの文字を見たとたんに「ケッ」という顔をして離れて行ったそうだ。

    今じゃ考えられないね。

  32. 名前:真実一路 投稿日:2017/01/05(木) 15:59:37 ID:c592ce2b8 返信

    馬鹿ばかり、これは原文ではコリアと語っており、韓国製は最高だよ!!ってのが本当
    日本語版だけ、コンプレッサーで勝手に日本製に字幕変えただけだ

    • 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 18:46:31 ID:05006c7f7 返信

      ネトウヨになりすますの楽しい?

    • 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 18:48:46 ID:05006c7f7 返信

      ちょっと違った
      ×ネトウヨになりすますの楽しい?
      ○韓国人になりすましたネトウヨを演じるの楽しい?

      • 名前:名無し 投稿日:2017/01/06(金) 11:23:16 ID:bc7926e8e 返信

        ネトウヨ=韓国人

    • 名前:名無し 投稿日:2017/01/09(月) 06:33:30 ID:8c23abee1 返信

      南朝鮮なんてバック・トゥ・ザ・フューチャーの頃なんて民主化すらしてないじゃないかw

  33. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 16:03:29 ID:567262d0b 返信

    ハッセルが名声を得ていたとき、日本ではゼンザブロニカと言う6×6版カメラが誕生した。外見が似ていたのでパクリカメラと揶揄されたんだが内部構造は全く違っていた。200件の特許が詰まった全くの別物だった。ニッコールレンズとの組み合わせで良いカメラだった。ゆう

  34. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 16:04:19 ID:4ce940cb8 返信

    零戦は高性能だが配線は紙を巻いただけの低品質だった。
    アメリカが日本の技術を脅威に思い戦後の日本に飛行機開発や生産を禁止しなければ、今頃もっと発展していたかもな

  35. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 16:28:27 ID:b527851bb 返信

    昔は製造機械の精度が無くて良いものが作れなかった。そのかわり手作業で作っていた物は昔から良いものが多かった。
    で、良い製造機械とデミングの品質管理が合致して、手作業の追い込みで品質が飛躍的に伸びた。設計とかは戦争中でも相当高いレベル持っていたし。
    いまは中国がその段階に近づいているけど、まだ粗悪品混ぜ込むみたいなことして全体的に信頼出来るとはとても言えない状況。設計も頑張っているしね。
    韓国はダメだね。努力しようという気が一切無い。

  36. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 16:32:25 ID:1fb377df6 返信

    その当時を体験してた人には分かるけど、世代が変わるとちょっと分からん価値観はあるだろうなー
    マーク・ピーターセンの著作の中でおばあちゃんがプレゼントにもらったセーターかなんかが
    日本製で泣き出したなんてエピソードあって、読んだ当時驚いた覚えがあるし
    うちの爺さんは家電製品買うとき「阪物はダメだ!」って嫌がってたらしいし
    Samsung = poor-man’s Sony ってイメージがまったくないって世代もいるだろうし

  37. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 16:46:01 ID:585c9b06a 返信

    大戦直後の戦後の混乱時期だけだよ粗悪品が流通したのは
    大戦中期以前、戦後1970年の日本は普通に世界的にみてもいいものを作り続けていますよ

    でなければ大和の二重測距義とか生まれてこない

  38. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 16:48:14 ID:4ce412685 返信

    ドイツも19世紀においては粗悪な廉価品の代表みたいな扱いで、
    プロイセンの工業化を経てパリ~シカゴ万博からようやく優良品の評価を受けるようになる
    国に歴史あり

  39. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 16:57:30 ID:9218f0346 返信

    >>35の人の言う通り

    元々日本は良質な製品は昔からあった、刀(刃物)なんか欧米の物より遥かに高品質だった

    粗悪品だったと言われる物は欧米が発明した物を日本が作り出したほんの僅かな間だけ、その当時は手探りだった時代、日本は韓国や中国に何の(結果)見返りもなく技術を教えたけど、欧米は教えてはくれなかった、今の中韓とは全く違う

    それは今でも同じ、中小零細企業には大手でも作り出せないような物を作る技術が日本にはまだまだ沢山あるが、中韓にはそれが無い、だから彼らは企業買収をし人材もハンティングする

  40. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 16:58:09 ID:812f435aa 返信

    made in japan は日本で開発生産されたもんだけど
    made in china は製造ラインが中国にあるってだけで意味合いは結構違う

    所詮中国は世界の下請け

  41. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 16:58:59 ID:f53805a40 返信

    インターネットが発達して情報の質や速さが格段に向上した現代においても日本はわけのわからんレッテルを諸外国から貼られているのに、それらがない当時なんてお察しだろ

  42. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 17:09:01 ID:305483c9f 返信

    お前ら実際に生きてた人の話聞かないで想像だけで言ってると特亜といっしょだぞ
    当時の生の声聞いてみればほんと技術も知識もなかったって分かるから
    70以上の人間に当時の話聞いてこい
    日本だってすべてが始めからうまく行ってたわけじゃねえんだから

  43. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 17:22:56 ID:4d7913784 返信

    ※42
    ネトウヨなんてそんなもの。日頃から都合の良い自分勝手な決めつけばかりじゃないか。

  44. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 17:29:44 ID:c2bf97ab6 返信

    戦後間も無く書かれたサリンジャーのナインストーリーズの中にも、日本製のストーブが爆発して夫が死ぬ話が出てくる
    やはり粗悪品はいつでも爆発するらしい

  45. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 17:30:29 ID:54206919d 返信

    1950年代って終戦してまだ数年しかたってないんだぞ….

  46. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 17:36:54 ID:dc56c25b5 返信

    日本は昔から品質重視だったでしょ低品質だったとしても
    最初から上手くいくわけないってだけで、ヘッドハンティングしたり技術パクる事に命掛けたりっていうのと一緒にされんのはウザすぎ

  47. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 17:53:46 ID:48dbe1b98 返信

    中韓もだんだんこくなっていくのだろう

  48. 名前:hato 投稿日:2017/01/05(木) 17:54:22 ID:dd3de9eaa 返信

    今の日本は素材で無敵だけど、戦後しばらくまで素材から何から欧米にかなわなかったよ。
    米軍の小銃M1は現代的なマスプロだけど、日本の38,99式は職人が部品合わせしてて互換が無いとか、旋盤やらなんやらドイツ等の輸入に敵わないとか、英ヴィッカーズ製の金剛の鉄は硬いけど、日本で作った妹たちは明らかに鉄が柔らかいとか、ドイツから図面もらっても加工技術が未熟で製造不能とか。
    それで、護衛空母を週1で作ってた米国と、工業に大打撃を受けた日本。
    戦後10年20年で追いつけたとは本当によくやったよ。俺たちの先代は。

  49. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 17:55:13 ID:a6bb51e23 返信

    日本が駄目になったのはTVで良くやる節約術番組のせい
    経済が停滞して収入が減りより安い中国製品を買うようになって
    バブル期に溜め込んだマージンをどんどん吐き出してる

  50. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 18:00:26 ID:e2917ee86 返信

    昔から品質重視だったが、全く同じもの作ろうとするとできなかったんだよ
    品質が高い別のカメラが出来るみたいな感じだった
    同じねじの大きさつくれなかったんだがら、大量生産はできなかったんだ

  51. 名前: 投稿日:2017/01/05(木) 18:02:18 ID:31b577f66 返信

    面白い記事でした。

    私見をいえば、礎は「耐久消費材」なのじゃないかと。
    トランジスタラジオ/腕時計/電卓 そうして自動車等々、
    USA製より安価だったけど、5年10年たってみると、USA製より長持ちしてた みたいな。

  52. 名前:  投稿日:2017/01/05(木) 18:04:06 ID:9e78332fc 返信

    そんな事言ったらアメリカ製品も19世紀のヨーロッパで粗悪品だったんだぞ
    当時の最高品質はイギリス製品とドイツ製品だったが、やはり植民地で安く
    作った方が効率がいいという事で職人が植民地へ移住し、アメリカも工業力が上がった
    アメリカが最初から凄いという訳じゃなく、飛行機も最初はブラジル人が作ったんだぞ

    結局産業革命の頃から人類は同じ事を繰り返しているだけ
    アメリカの場合は戦争を行う過程で新技術をテストできる
    原爆投下も色々と言い訳しているが本音は核の人体実験だ
    ただアメリカ人の指摘は正しい
    物づくりは発展途上国で成長し、そこで科学技術の革命を
    起こせる国が世界覇権を掌握できる

    イギリスは産業革命、アメリカは情報革命、中国は何の革命だろうか?
    答えは中国の民主化である(笑)

  53. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 18:05:07 ID:b9c1be07c 返信

    日本が戦争の反省をもとに取り組んだのが高品質な大量生産技術の確立だからな。
    戦後世代とはあまり関係ない

    あと当時はまだ新たに必要だったのが輸送技術、いいもの作って送り出しても船で輸送している間に故障品や低品質品になったんだよな

  54. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 18:05:40 ID:ab6df06f9 返信

    ※46
    日本は昔は低品質な
    工作機械の精度も悪かった
    工作精度が悪いから高性能大馬力戦闘機の生産に苦労した
    稼働率の低さ、粗悪部品の多さ
    高精度な工作機械は欧米製のみで、国産で高精度な工作機械がなかったんだよ

    一方アメリカでは、わざと品質を落とし利鞘を稼ぐ企業が糾弾された
    日本では品質高めるのに苦労したが、アメリカではわざわざやらないと品質が落ちない

  55. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 18:11:08 ID:ab6df06f9 返信

    ※52
    全ての国がそううまくいかない
    その国でイノベーションが起こせるかどうか
    独自の技術革新がなければ安い人件費で安かろう悪かろうの二級品ばかり生産し続ける事に

    安い製品を売り、国が豊かになり、人件費があがり製品の値段も上がる
    いつまでも安いだけでは壁にぶちあたる
    中進国の壁ってやつだ

    そこで技術革新ができるかどうかが先進国になれるかどうかの別れ道

  56. 名前:× 投稿日:2017/01/05(木) 18:13:31 ID:4eb493cdc 返信

    戦後直後の日本は確かに低品質なモノを作っていたけどさあ…流石に爆発はしないよ…

  57. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 18:18:32 ID:ab6df06f9 返信

    零戦が高性能といっても、これは多分に軽量化を追求した設計のおかげで工業技術の高さのおかげではない

    同時代の他国の戦闘機、BF109やスピットファイアなどと比較すると、重さは三分の二くらいで破格に軽い
    一方エンジン出力は二割ほど低いんで

    そのbf109やスピットファイアは大戦後半には2千馬力級にまでパワーアップしたが、零戦は千二百馬力止まり
    日本は高度な技術が必要な二千馬力級エンジン開発に散々苦労しており、ずっと非力なまんまで機体の軽さで補う状態

    • 名前:権兵衛 投稿日:2017/01/05(木) 19:18:37 ID:6e0b4c755 返信

      で、そのスピットファイアはオーストラリア戦線で零戦にボロ負けしたはずなんだが・・・

      工業力が低かったのは事実。それゆえに戦後は経済大国を目指した。
      経済がちゃんとしていないとどんな高性能兵器も無意味だと悟ったから。
      北朝鮮はいまだにそれが分からないようだが・・・

  58. 名前:  投稿日:2017/01/05(木) 18:32:01 ID:ae534f696 返信

    戦後間もないころは日本製は安くないと売れないし、お金が無くて工作機械も買えず技術者は戦死したような工場が粗製乱造して資金繰りに充てたのだろう

  59. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 18:34:19 ID:a9fdbad0b 返信

    昔は固定相場制だったからなあ
    1ドル360円だぞ
    品質でなく安さで売ってたんだよ

  60. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 18:39:52 ID:d2bdcceb7 返信

    第二次大戦中、人員時間あたりの工業製品生産量はアメリカでは日本の5倍ね
    工業機械の性能が全然違った

  61. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 18:55:16 ID:ebf260a4f 返信

    為替の影響が一番大きい
    1980年台では1ドルは200円位だった(その前は360円)
    それが90年台から100円位に跳ね上がった
    外国から見ると日本製の値段が倍に跳ね上がったと同等
    これではいくら品質が良くても売れない

  62. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 19:35:52 ID:c4ed565e3 返信

    プラザ合意をアメリカに飲まされたから製造が沈んだんだよ。宮沢め

  63. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 19:39:55 ID:a8e96273d 返信

    中国や韓国は日本の時と違って日本企業が進出して一から技術を教えて今になった、自らがイノベーションしたわけではないので何も独自の技術が未だに確立できない、すべて日本を始め海外の技術の使いまわしに過ぎない。
    日本は一から外国製品を研究して試行錯誤しながら技術を蓄積し改良を行い品質を上げ外国製の品質を超えた、更に他国に真似できない技術を開発してきた。
    サムスンのスマホが世界シェアを握って久しいが、未だに同業他社の技術を上回る革新的な技術を開発できないのがその証拠。

  64. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 20:19:46 ID:fef8d9efd 返信

    先の大戦で日本兵は低品質で品質管理のなされていない工業製品(兵器)に泣かされた。
    いや、泣かされたなんてものじゃない。今ここで作動しなければ命を失うという局面で作動しない兵器のために命をうしなった兵士がどれほどいたことか。
    オイル漏れするエンジンとパッキンの不良のショックアブソーバー。摩耗が早いボールベアリング。設計仕様を満たすことが出来ない鋼板。
    数え上げればきりがない。
    日本人は同胞の命を失い、戦争に負けることによって品質管理とは何かを求めるようになったのだ。
    売れなければ負ける。負けないようにするにはどうするか?
    貿易もまた戦争なのだから勝つ方法を探らなければどうにもならない。

  65. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 20:24:13 ID:6a5c87e5d 返信

    日本製が高品質とみなされたターニングポイントといえば
    トヨタの1Gとアインシンワーナーの4速ATの駆動系の出現
    に決まってんじゃん。

  66. 名前: 投稿日:2017/01/05(木) 21:06:39 ID:16082a3b9 返信

    「戦後の日本の高度経済成長はアメリカのおかげ」とでも言いたそうな無知な外人どもだわ、日本が戦後発展したのは「傾斜生産方式」による産業革命だよ。

    そもそも戦後に日独が復活発展したのはそれが「日本人」と「ドイツ人」であったからだマヌケ。中韓と同じに語るなら、戦後ルーマニア人やブルガリア人もドイツと同じことができるとでもいうのか。

    あと日本製が低品質とはすこし誤解があってな。
    戦中、戦後の労働・投資環境でも条件が違うんだよ。
    例を一つあげれば「有坂99式ライフル」なんかそうだ。
    戦中前期と後期で作られたもので品質管理がまるっきり違うんだよ
    前期制作のものは今でも十分使える精度性能をもってる。
    後期は、稼働する人員、技術、予算、すべて欠落してゴミだったけどな。
    「作れる」「作れない」となら話が違うだろうってこの話で理解してもらえると思う。

  67. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 21:23:41 ID:c070b3969 返信

    そのうち中国製品も日本みたいになりそうだな・・・
    まじでウカウカしてられん

  68. 名前:名無し 投稿日:2017/01/05(木) 22:59:55 ID:7bf43408e 返信

    あほか
    中国とは話が違うわ
    日本元々高品質のものを作る素質があった
    それは工業製品じゃなく工芸品を見れば明らか
    単に戦後すぐで物資も設備もなく質は二の次で大量生産する他なかったから低品質になっただけだ
    だから20年位で設備や環境が整ったら元々の素質を発揮してすぐ欧米製品を抜いたわ

    • 名前:名無し 投稿日:2017/01/06(金) 01:21:07 ID:479bdf628 返信

      現状生活家電じゃ抜き返されてんだが?

    • 名前:名無し 投稿日:2017/01/06(金) 13:56:34 ID:60a9fe98d 返信

      中国の工芸品は凄いぞ。美術展とか行ってみれば分かる。
      あれはどうやって作るんだって思うようなのがいっぱいある。
      文革でごっそり殺されたけど、素地は持っていることは確か。

  69. 名前:名無し 投稿日:2017/01/06(金) 02:46:20 ID:7572584ca 返信

    戦後、米国に学んだ工業規格と品質管理システムだろうな

  70. 名前:名無し 投稿日:2017/01/06(金) 06:51:13 ID:485246977 返信

    戦後、世界初のラジコンバスの玩具を作ったり、アジアにおける田植え機とか、アイディアの面でいえば、先進的技術はあったと思う。20世紀に世界中で利用されたTVアンテナは八木アンテナだし、ブラウン管TVも発明したのは日本

  71. 名前:名無し 投稿日:2017/01/06(金) 09:05:27 ID:c53c6c6e4 返信

    中国は未だに版権も取らずに勝手にコピー品を作るような民度だし日本で言えば5,60年代から進んでないイメージ
    なお5,60年代でも職人気質で作られていた国内向け日本製品には粗悪品などほとんどなかった
    海外向けの量産品の品質管理がしっかりしてなかっただけ

  72. 名前:名無し 投稿日:2017/01/06(金) 11:24:25 ID:92d309bc8 返信

    シナも下朝鮮も、劣化コピーから抜け出せていないと思うが、
    今後、オリジナルが出て発展する兆しがあると思う?
    権利裁判で敗北し続け賠償金だらけの中、頼みのスマホも爆発でサムスン没落、
    下朝鮮はサムスン一強なのでサムスンが転べば国も転ぶ。
    今後も、韓国政府はサムスンに税金ジャブジャブ使って立て直すんだろうが、
    白丁両班制度に国民がいつまで耐えられるのか?
    シナはバブル崩壊で誰も住まないまま廃都だらけ。
    人民は借金で株やって暴落。不良債権者だらけ。
    領土侵略で国際社会から非難殺到。米民主敗退で逆風に晒されている。
    こんな状況で、技術躍進なんて出来るのかな……。

  73. 名前:名無し 投稿日:2017/01/06(金) 20:20:32 ID:9aa25b8cb 返信

    韓国はともかく中国が高品質の時代ねぇ…

    まぁ、現状じゃ機械類と食品と薬品は国産買うけどね

  74. 名前:名無し 投稿日:2017/01/06(金) 22:41:10 ID:b2fe2840a 返信

    赤道付近をコンテナ船で運んでたからコンデンサが劣化しまくったんだよ