スヌーカー元世界王者、不調の理由は「ネトゲにハマりすぎたから。」意外な過去を激白!!

[Image via]Neil Robertson

オーストラリアのスヌーカー選手 ニール・ロバートソンは、自身がここ数年不振に陥っていた原因は「オンラインゲームに夢中になるあまり練習を怠ったから」であると語った。EUROSPORTが報じている。

スヌーカー選手、MMOのやりすぎでキャリアの危機に

35歳のロバートソンは2010年の世界選手権、2012年のマスターズ、2013年と2015年にはUKチャンピオンシップのタイトルに輝いたスヌーカー界を代表する名選手である。

そんなロバートソンは最近父親にもなり、順風満帆のキャリアを送っているように思われていたが、過去数年は不調に陥っていた。インタビューでその理由についてこのように語っている。

「ここ数年の私は深夜までビデオゲームをプレイする生活を送っていました。一番時間を費やしたゲームは『リーグ・オブ・レジェンド』です。」

「これらのゲームはプレーヤーの時間を浪費するように設計されています。私はパソコンの前に6時間…7時間…8時間と座り続けました。」

オンラインゲームに熱中するあまりコンディションを崩したことが不振につながったと自省するロバートソン、彼は同時期に『ワールド・オブ・ウォークラフト』にもハマっており、こんな出来事もあったという。

「私はレイドに参加していて、夜は週に数回プレイしていました。その時トーナメントのために中国に遠征することになりました。」

「現地に着いたらネットの接続環境が悪く、サーバーにアクセスできなかったのです。それからというものの私は4日か5日くらい激怒していました。その時私が考えていたことは、ネットが遅い中国を離れてどうにかして家に帰ることでした。私は(ドタキャンして)チームでの地位を失ったのです。狂ったことに、この時の私にとってはスヌーカーよりも重要なことでした。

[Image via]Neil Robertson

“オンラインゲームがいつの間にか本業よりも大切なものになっていた”と、ここ数年の不振を自省するロバートソン。そんな彼が最も後悔していることは、世界記録となる103個ものセンチュリーブレイク(100点以上のブレイク)を成し遂げた2013/2014シーズンのことらしい。

「あのシーズンでは100のセンチュリーを出しましたが、おそらく120ぐらいまでいけたはずでした。あの頃は『FIFA14』中毒になっていたんです。」

「私は他のプレーヤーを倒すことに取りつかれていたのです。朝起きて息子のアレクサンダーを学校に送ると、”目覚ましにコーヒーでも飲みながら少しだけゲームをやろうかな”と考えつつXBOXの電源を入れます。そして気づいた時にはもう午後2時です。アレクサンダーを迎えにいく必要もあるので練習に行くにはもう遅すぎます。」

ゲームにあまりにも多くの時間を割くあまり、プロのスヌーカー選手という本業にも悪影響を及ぼし始めたことに危機感を覚えたロバートソンは、最近”禁ゲーム”生活を始めたそうだ。パートナーからは既に「リーグ・オブ・レジェンド禁止」を言い渡されているという。

「私が普通の仕事をしていれば上手く両立できたでしょう。しかし、プロのスヌーカーの試合に勝つことはできません。」

「ビデオゲームにハマっていなかったらもっと多くの勝利を手にしていたとは言いませんが、より多くのチャンスがあっただろうとは思います。今は2ヶ月”シラフ”です。」

ゲーム断ちを始めたロバートソン、彼の新たな趣味は「Warhammer 40,000」のプラモデルだそうだ。

(ロバートソン -2015年UKチャンピオンシップにて)

EUROSPORT/theguardian/Kotaku

Warhammer 40,000
Warhammer 40,000

posted with amazlet at 17.04.21
ゲームズワークショップ
売り上げランキング: 114,632

(この話題へのコメント)

不振とゲームは関係ないだろw

不調に陥ったのはゲームのせいではない。
飲酒運転はアルコールのせいではなく、借金はギャンブルのせいではないのと同じ。全て自分が選択したこと。

それが面白さに直結してるかどうかは別として、MMOやMOBAはプレー時間が長ければ長いほど報酬が増える設計になっているのは事実

元LoL廃人だったけど、あれは本当に時間泥棒だよ

「あの時ああしていたら自分はもっと・・・」というのは無意味なのに誰もが考えることなんだよね

MMOのパーティーにスヌーカー界のレジェンドがいたら笑えるなw
メンバーは知ってたのか?

これってMMO廃人がプラモ廃人に変わっただけじゃねーかw
プラモの方が金かかるからタチ悪いぞw

逆にゲーマーとしての人生がスヌーカーのせいで台無しにされたとも考えられないか?

熱中しやすく負けず嫌いなパーソナリティだからこそスヌーカーの超一流プロになれたともいえる
興味が湧くと止められなくなる人っているし、彼に必要なのはバランスだよ

ロバートソンはオーストラリア史上最高の選手なんだ
これで彼のキャリアが再び軌道に乗ったのならうれしい

彼は『ジミー・ホワイトのホワールウィンド・スヌーカー』をプレーすればいいんじゃないか?


スヌーカーのリアルレジェンドもハマるリーグオブレジェンド沼・・・未だに面白さがよく分からず

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

外部サイトの注目記事


コメント

  1. 名前:Anon 投稿日:2017/04/22(土) 01:52:55 ID:73adf7ce1 返信

    とりあえずサモナーレベルをMAXの30に上げてノーマルしばらくやったあと、一旦飽きて止めて、またちょっとやってみよと思って起動したらもう止まらない
    RANK始めたらさらに止まらない

  2. 名前:Anon 投稿日:2017/04/22(土) 03:14:35 ID:019c706d7 返信

    そのままゲームの方でもプロになれば無問題だったのにね

  3. 名前:Anon 投稿日:2017/04/22(土) 05:52:27 ID:7d4b22cfc 返信

    光のスヌーカーですわ

    >私が普通の仕事をしていれば上手く両立できたでしょう
    しかしこれは本当か?普通の仕事しながらでも毎日数時間ゲームに割くのは難しいんだぞ
    むしろビリヤードの才能なかったらゲームにハマりすぎて失業者になってるんじゃないのか