当サイトを「インターネットエクスプローラー11」(IE11)を使用して表示した場合、レイアウトが崩れてしまい著しく読みにくくなる不具合があるようです(原因調査中)。そのためPCでご覧の方は「Microsoft Edge」「Google Chrome」「Mozilla Firefox」「Safari」など、“インターネットエクスプローラー以外のウェブブラウザ”にてご覧ください。

外国人「俺に面白いジャパニーズホラー映画を紹介するスレ」


/horrorより、海外ホラー映画好きたちのJホラー話を紹介。


(投稿者)

Hey everyone!

俺は日本の傑作ホラー映画を探しているところなんだ!”知る人ぞ知る”映画でも(字幕しかなくても問題ない)、とっておきの超グロいスプラッターホラーでも何でもいいよ 😉

それから中国や韓国のホラーも特に抵抗はないからオススメがあれば教えてくれ!

[via]goo.gl/JS6Yv4



(この投稿へのコメント)

『殺し屋1』
終了

『ジャンク』と『VERSUS』が俺にとっての2大巨頭

『VERSUS』(ヴァーサス)は、2001年製作の日本映画。監督は北村龍平。ゾンビ、ガンアクション、カンフー、ブレードバトルというB級アクションの定番素材を組み合わせたサンプリング映画。インディーズ製作としては高レベルな映像技術が注目をあつめた。

ジャンク(Junk、原題:Faces of Death)は、アメリカと日本の映画作品シリーズ。
1978年製作の『ジャンク 死と惨劇』に端を発するシリーズ。製作当時は明らかにされていなかったが、『映画秘宝』Vol.9によれば製作指揮は三枝進が行っている。
3作目まではジョン・アラン・シュワルツ監督、4作目はフレッド・ウォーショフスキー監督のもと、アメリカで製作された。5作目のみ三枝自ら製作したが、既存の映像を各国から集めて作られた前4作と異なり、ブラジルでの取材を主体にした現地のレポートになっている。後に同スタッフの手で『デスファイル』が製作された。シリーズ最終作となる6作目ではスタッフ内容ともに原点回帰している。
作品内容は幅広いが、解剖、処刑、事故、屠殺といった「死」の風景ばかりを扱うのが特徴 。なおドキュメンタリーの体裁を取っているが、1999年のインタビュー等でシュワルツ監督が語ったところによれば、特撮を用いたやらせも数多い。
本作は当時のモンド映画ブーム、スプラッタ映画ブームの中で製作されているが、その中にあっても過激さで特筆され、DVDボックスの宣伝文句によれば46ヶ国で上映禁止処分を受けている。

・Jホラーを語るに三池崇史は欠かせない。彼はどう考えても無名ではないけど、『ビジターQ』のような隠れた宝石も撮っている。三池の映画は『FULL METAL 極道』や『極道恐怖大劇場 牛頭 GOZU』のような非ホラー映画でも強烈なゴア描写が多い。『オーディション』『着信アリ』『喰女-クイメ-』といった純粋なホラー映画も素晴らしい。(あとは『殺し屋1』や、これは彼が撮ったものではないけどその前日譚の『「1 -イチ-」』も)
・園子温にも同じことが言える。『Strange Circus 奇妙なサーカス』『自殺サークル』『紀子の食卓』『冷たい熱帯魚』は是非チェックしてほしい
・日本映画はゴーストストーリーの良作が多い。(>1が見たことあるかは分からないけど)『仄暗い水の底から』『回路』『予言』『稀人』
・『口裂け女』
・『鉄男』
・『感染』
・『グロテスク』、これは拷問映画。ゴア描写は優れているし、現代日本ホラーのなかでも悪名高い存在。
・『ギニーピッグ』のオリジナルシリーズは残虐ホラーの定番。僕は『悪魔の実験』『マンホールのなかの人魚』『血肉の華』を勧めるよ。

┗『口裂け女』は傑作!

┗『鉄男』は最高だった!同意するよ!!

『稀人』はほとんどの人が存在を見逃してる映画だよな、だから俺からオススメしておこう


『感染』は面白い日本映画だったわ。血がドバドバでるし。

>1は『ギニーピッグ』を観たことはある?まあ基本的にはスナッフフィルム風のシリーズなんだけど、2作目はあまりにゴア描写がリアルだったせいで実際にFBIの捜査が入ったんだ。まあでもこの手の映画はプロットも何もないから万人向けじゃないけど。

┗プロットが存在しないのは『血肉の華』だけで、実際のところ他の作品はストーリーもかなりいいぞ

日本のホラー映画…
『バトルロワイアル』だな

俺のベスト
『リング』(1998)
『オーディション』(1999)
『回路』(2001)
『呪怨』(2002)
『The EYE 』(2002)
『着信アリ』(2003)
『心霊写真』(2004)
『グエムル-漢江の怪物-』(2006)

┗『グエムル』は韓国映画だよ

┗『心霊写真』はタイ映画だな

 ┗>中国や韓国のホラーでも特に抵抗はないからオススメを教えてくれ!
うん、でも>1がこう言ってるからさ

僕は『美しい夜、残酷な朝』のファン。最初に登場する「dumplings」は本気で怖かったわ。これの長編版もあるらしく、いつか見ようと思ってはいるんだけど、ビビってなかなか見る勇気がない。
あと”The Red Shoes”と”Bloody Reunion”。この2つの韓国製スプラッターは傑作だった。

┗「dumplings」
2004年の香港映画『餃子』のことを言っているなら、あれは観た方がいい。最高の映画だ。

┗『美しい夜、残酷な朝』は素晴らしいオムニバスだった
個人的には「cut」がベスト


既に何度も名前が挙がっているけど、三池監督については心から同意。『オーディション』と『殺し屋1』はファンタスティックの一言。『オーディション』の方がホラー寄りかな。
黒沢清の『クリーピー 偽りの隣人』は古き良きホラー映画の傑作。特にこういうじっくりと不安感を高めていくスローテンポの映画を我慢できるタイプであればおすすめ。


ゴア描写だけでなくB級っぽさも求めているなら、『東京残酷警察』『ミートボールマシン』『ロボゲイシャ』『片腕マシンガール』…ああ、あと『ゾンビアス』も。

個人的に最も好きな日本のホラー映画は『徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑』(1976)。信じられないほど残酷でありつつ、物語は驚くほどよくできている。僕はこれを数年前に動画配信サイトでみたんだけど、今もあるのかどうかは分からない。それから最近は香港映画の『八仙飯店之人肉饅頭』をみて、これも気に入った。これが実話に基づいているだなんて気が滅入るけど、本当に衝撃的なシーンに不気味なユーモアを混在させている映画。あと「マスターズ・オブ・ホラー」シリーズの、三池崇史が監督した『インプリント〜ぼっけえ、きょうてえ〜』は素晴らしい作品。観たのは数年前だけど、いくつかの身がすくむシーン含めて本当に楽しんだことを今でもよく憶えている。よりサイバーパンクな映画では、『ラバーズ・ラバー』は稀な体験だった。観ている最中は感覚過負荷に陥ったよ。

┗俺も『インプリント〜ぼっけえ、きょうてえ〜』を挙げに来た。あれはアメリカの放送コードにすら引っかかって放映中止になったんだよな。でもあれはそこまで気持ち悪くもグロくもない。まあ普通の視聴者にとってはそうかもしれないけど、そういう人は最初から「マスターズ・オブ・ホラー」なんて番組は見なければいい 🙂
まあでも、あれは面白いしちょっと笑えたね。あのシリーズの他の作品にもいえるけど、またあの番組やらないかな…。

『マスターズ・オブ・ホラー』(Masters of Horror)は、アメリカのテレビオムニバス・シリーズ。世界のホラー映画の巨匠13人によるオムニバスになっている。

古典的なホラー映画を観たいなら『藪の中の黒猫』『鬼婆』『怪談』『雨月物語』。これらはどれも民間伝承に根差していて、とても気味が悪かった。
それから『死霊のはらわた』が大人しくみえるぐらいの映画を観たいなら大林宣彦の『HOUSE ハウス』。これは例えるなら「ピーウィーのプレイハウス」をさらに大げさにしたセットを舞台に「スクービー・ドゥー」のエピソードみたいな話が展開する映画。

『HOUSE ハウス』と紛らわしいけど、『スウィートホーム』というホラー映画がある。俺はこの映画の特殊効果に驚かされた。といっても昔の映画だからそれは考慮して観てくれよ。
あとは『哭声/コクソン』と『新感染 ファイナル・エクスプレス』という韓国映画。これも素晴らしかった。

正確にはホラーではないけど、『CURE』は大傑作だったよ

・『地獄でなぜ悪い』
・『降霊〜KOUREI〜』
・『エクステ』
・『劇場版 零 ゼロ』
・『かしこい狗は、吠えずに笑う』
・”World of Kanako” (注)『渇き。』

┗『渇き。』は僕は観た今まで観た中で最も暗い映画というわけではないけど、日本の若者文化や親子関係についてこの映画が内包するメッセージを考えると恐ろしいな

『ノロイ』は日本のモキュメンタリーの大傑作。こういうスタイルの映画のファンなら『カルト』『オカルト』もおすすめ。どちらも白石晃士監督作品。
あとは『リング』『回路』『仄暗い水の底から』『呪怨』とか。

白石 晃士(しらいし こうじ、1973年6月1日 – )は、日本の映画監督、脚本家、映像作家。福岡県出身。
2004年に若槻千夏主演の映画『呪霊 THE MOVIE 黒呪霊』で長編初監督を務める。その後はフェイク・ドキュメンタリー形式のホラー作品を数多く手掛けており、2005年に公開された映画『ノロイ』は一部で日本版『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』と呼ばれ、その作風は2008年のビデオ作品『裏ホラー』や2009年公開の映画『オカルト』にも引き継がれている。

このリストを参考にしてくれ!きっと気に入る作品がみつかるはずさ!楽しんで!


震える舌(小声)
しかし三池崇史の名前がこれだけ挙がるとはやはり海外人気高し

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

外部サイトの注目記事


コメント

  1. 名前:Anon 投稿日:2017/07/26(水) 16:28:23 ID:b35ed2810 返信

    今の日本のホラーと言われる映画はだいたいギャグ映画じゃないか?

  2. 名前:Anon 投稿日:2017/07/26(水) 16:37:04 ID:c1619cf66 返信

    最近、国産ので良質のホラー無いなぁ

    貞子vs伽椰子は、期待してなかったけど
    思ったよりは面白かったかな?・・・ってくらい

  3. 名前:Anon 投稿日:2017/07/26(水) 16:42:20 ID:93696c86f 返信

    ほほう、役所広司つながりなら『叫』(2006年日本、黒沢清)。
    脳に刺激を与えて幽体離脱するネタを拡張した
    『恐怖』(2010年日本、高橋洋)も挙げて欲しいところだな。

  4. 名前:Anon 投稿日:2017/07/26(水) 17:15:40 ID:0db4152db 返信

    もっとアメリカンな娯楽性の高いホラーは無いものかな。
    シャレにならない怖さならやっぱり邦画がいちばんだけど
    映画として面白いかというと少し物足りないんだよね。
    アメリカのホラーは怖さはいま一つだけど
    娯楽作品としては観れるものはあるし。

  5. 名前:Anon 投稿日:2017/07/26(水) 17:19:23 ID:4bad90a9a 返信

    ホラーとスプラッターって別物じゃないの?

  6. 名前:Anon 投稿日:2017/07/26(水) 17:59:35 ID:3dff342dc 返信

    「四谷怪談」「番長皿屋敷」「牡丹灯籠」、この辺りの古い映画を観るとほんと怖い。
    怖いの見た後、トイレが怖くなるという人が多いかも知れんが、自分はお風呂で背後がひんやりする。意味もなくお風呂怖い。
    鍋島の猫騒動も映画になってたよね。あれも良い。

  7. 名前:Anon 投稿日:2017/07/26(水) 18:11:31 ID:c2c7fab80 返信

    震える舌はホラーじゃねえからッッッ

  8. 名前:Anon 投稿日:2017/07/26(水) 18:38:42 ID:06663dcc6 返信

    スウィートホームは伊丹監督が溶けるシーンが、やたら気合入ってたな。
    あと、テケテケ古館。

  9. 名前:ポンポコ戦隊ケモレンジャー 投稿日:2017/07/26(水) 18:48:59 ID:f3432cfbe 返信

    高英男がNYでタクシーの運ちゃんからサインをせがまれたりキル・ビルで引用されたり、吸血鬼ゴケミドロは海外でもカルト的な人気があると思ってたのに。

  10. 名前:Anon 投稿日:2017/07/26(水) 19:10:12 ID:2495ccb6d 返信

    ぼっけえきょおていが映画になってるのは知らんかった。
    頭の人面瘡の話かな、それとも件の話?

    • 名前:α 投稿日:2017/07/27(木) 01:31:01 ID:04111dd82 返信

      人面瘡の話。主演が工藤夕貴
      日本文化に興味有る外人なら面白いと思うかもしれないけど、言うほど怖くは無い。どちらかというと哀しい映画。

  11. 名前:Anon 投稿日:2017/07/26(水) 20:39:37 ID:90a94cfe8 返信

    富江も初期の頃は良かった

  12. 名前:Anon 投稿日:2017/07/27(木) 01:03:09 ID:b4220ae5e 返信

    白装束の長髪女から脱却して
    貞子VS伽椰子に出てきたような化物路線開拓してほしい
    幽霊じゃなくて妖怪系、祟り、悪い神様みたいな感じで

    • 名前:Anon 投稿日:2017/07/29(土) 17:43:07 ID:c8d4973f7 返信

      さだかや面白かったけど
      あそこまでやると怖さはあんまりなくなるなぁ
      化け物系は化け物系でもある程度人の形をしてた方が怖さがある
      八尺様とかくねくねとか死姻っていうホラーゲーのパッケージみたいなの

  13. 名前:Anon 投稿日:2017/07/27(木) 02:50:04 ID:da8a99615 返信

    ハウスは俺のトラウマ映画w今はそのイカレたPOPな映像を楽しめるけど
    小学生の時映画館で見た時は気のふれた理解不能な基地外映像の洪水に
    精神をやられましたw狙われた学園が同じ監督と知ってそのTV放送すら
    見れなかったw

    • 名前:www 投稿日:2017/08/22(火) 16:02:09 ID:f355426b4 返信

      数年後、中学生ぐらいになって下着で逃げ惑うアイドルを
      エロ映画目線で見ると美味しい作品w

  14. 名前:Anon 投稿日:2017/07/27(木) 07:05:53 ID:1d2f19b28 返信

    女優霊が結構面白い

  15. 名前:Anon 投稿日:2017/07/27(木) 11:15:17 ID:72a1d0319 返信

    マタンゴ

  16. 名前:Anon 投稿日:2017/07/27(木) 12:28:47 ID:70425223f 返信

    リング、呪怨、着信アリ、仄暗い水の底からの4つをおさえておけば問題ない

  17. 名前:Anon 投稿日:2017/07/27(木) 21:01:53 ID:4590f7665 返信

    殺し屋1やバトルロワイヤルはホラーなのか?

  18. 名前:Anon 投稿日:2017/07/27(木) 23:40:34 ID:1a48cb2bc 返信

    中田秀夫の作品全部押さえとけば間違いないやろ

  19. 名前:Anon 投稿日:2017/07/28(金) 00:35:09 ID:b8bc42f59 返信

    ゴアで印象に残ってるのはオールナイトロングかなぁ
    ゆずの北川、声優の柚木涼香がシリーズに出てるよ

  20. 名前:Anon 投稿日:2017/07/28(金) 16:32:57 ID:f0610b5c7 返信

    リングが20年以上前とか・・・・

  21. 名前:Anon 投稿日:2017/09/26(火) 21:07:13 ID:4e541177b 返信

    震える舌は、破傷風の話だよね、ホラーじゃないじゃんと思うんだけど、先日当時のポスター観たら、ホラーって書いてあった‥。確かに子供が痙攣するのは怖いけど。