【渾身のブラックジョーク】難易度選択に応じて「肌の色」が変わるRPGが間もなく発売へ

海外掲示板redditの/gamingより


(投稿者)

『South Park: The Fractured But Whole』は、難易度選択に応じて肌の色が変わる。

「South Park: The Fractured But Whole」の海外発売日が2017年10月17日に決定。サウスパークで起こる事件をおならで解決

タイトル名から分かる通り,本作は,強烈なブラックジョークで知られるアメリカの長寿アニメシリーズ「サウスパーク」をテーマにしたもので,原作者もプロダクションに関わっている。グラフィックスの雰囲気もアニメそのままだ。
そのプロローグは,カートマンら子供たちがヒーローキャラクターの武装をしてサウスパークの町を警護し始めるものの,キャラクターグッズの販売利権を巡って仲違いし,子供たちを二分する市民戦争が勃発するというもの。
そんな中でサウスパークに引っ越してきた主人公は,自らの持つおならパワーでカートマンに協力し,町の事件を解決していく。いちいち書くのもどうかと思えるような,バカげた内容のストーリーだ。

[via]goo.gl/idKmXr



(この話題へのコメント)

これは素晴らしい、そしてすごくサウスパークっぽいw

史上最もリアリズムを追及したゲームだな…

マット・ストーンとトレイ・パーカーは怖いもの知らずすぎませんか?

オルトライトとSJW、その両方に喧嘩を売っていくスタイル
(注)SJW≒social justice warrior(正義の味方ちゃん)

もっとも、もう20年以上これをやり続けてるんだけどね

これは面白いけど、ただキャラクリで黒人にしたいだけなのにハードモードでプレイさせられるなんてイラっとしそう

┗それが君の選択だ

┗「とりあえず黒人でプレイしたいけど、ゲームはヌルいのがいいなあ」⇒現実は非情

むしろ俺は”本当に”ハードであることを期待したい
前作はあまりに簡単すぎた

ホラー映画で真っ先に惨殺される黒人キャラはナイトメアモードでプレイしていたのか

サウスパーク的にはナイトメアモードはジンジャーでプレーできる隠し難易度だな

ところでカナダ人でもプレーできるの?
僕はできればそうしたいんだけど…

┗カナダ人…??

これの面白いところは、実際のサウスパークで最もハードモードを強いられているキャラはホワイトトラッシュ家庭に生まれた白人のケニーで、最も裕福なキャラは黒人のトークンということ。

イージーモードのくせに死にまくりのケニーって何なの?

僕はホワイトだけど、僕の人生は全くイージーじゃないぞ
バグか?

この記事によると、難易度選択は戦闘能力には影響を与えない。所持金と”特定のキャラクターとの会話”が変わるとのこと。

┗”特定のキャラクター”ってカートマンしかいない件…

┗EuroGamerのプレビュー動画ではカートマンの声で「心配すんな。これは戦闘には影響しない。単にそれ以外のお前の人生全てが変わるだけだ。」って言ってた。

自分は今の時代でもなお彼らがこのノリを続けられることに驚いている
相変わらず、彼らはあらゆるものをネタにし続けている。これは素晴らしいことだ。

あらゆるものがネタの対象になるからフェアであるともいえる。だから”ただのコメディ”として面白いんだよな。

このスレッドでさえ「論争中」でソートするとマジギレしてる奴が大量にいて笑えるわ

“サウスパークのジョーク”を真に受ける人をこんなに見れるなんていつ以来だろうか…
美しい光景だ

“The Fractured But Whole”
今さらだけど、この副題の意味がやっと分かった

┗パブリッシャーのUBIソフトが分かっているかどうかは怪しい
(注)But Whole(しかし全部ある)⇒butthole(同音)⇒The Fractured butthole(破れたケ〇の穴)

昨今の状況を考えると、このゲームはたくさんの人々を怒らせることになるだろう。今から楽しみだ。

┗いや、これはサウスパークだ。こんなの皆分かり切っていること。過去にはもっとキワどいネタをやってるのに。

 ┗ムハ〇マドとか?

サウスパークの場合は一見馬鹿やっててもトピックへのアプローチは馬鹿ではないから色んな攻撃を免れている面はあるな。

ゲーマーでも非ゲーマーでもサウスパークのファンなら前作の『The stick of truth』をプレイすることを勧める。1本の映画のように作り込んでいて、サウスパーク史上でも最も優れたシナリオだった。これを見る限り今作はさらに期待できそう。
(注)前作は大評判になったものの日本語版発売はなし

相変わらずのサウスパークで安心した


サウスパークの日本語版は製作が長らく途絶えているうえ、内容的にもローカライズされることはないと思いますが、著者はとても好きなので取り上げた話題。ちなみに英語のみですがサウスパークは公式サイトで全てのエピソードが公開されています。

日本絡みの有名回からでも興味ある方はどうぞ。

Whale Whores(日本人必見、しかし日本未放送の捕鯨エピソード。サウスパークらしいシニカルなオチ。)
Good Times With Weapons(少年アニメへのオマージュに溢れる、非常に高い評価を得たエピソード。謎の日本語ソング”Let’s Fighting Love”はこれが元ネタ。)

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

外部サイトの注目記事

スポンサーリンク

コメント

  1. 名前:Anon 投稿日:2017/09/08(金) 18:50:25 ID:12695f52e 返信

    黄色が一番難しいはずだが・・・
    というか黄色なくね?




    0



    0
  2. 名前:Anon 投稿日:2017/09/08(金) 20:11:29 ID:5f72665fd 返信

    >これの面白いところは、実際のサウスパークで最もハードモードを強いられているキャラはホワイトトラッシュ家庭に生まれた白人のケニーで、最も裕福なキャラは黒人のトークンということ。

    よく覚えて無いんだけど、思いつきで象とか買っちゃうユダヤのカイル家よりも裕福なの?




    0



    0
  3. 名前:Anon 投稿日:2017/09/08(金) 21:09:20 ID:ec470900d 返信

    レベル:アジアン




    0



    0
  4. 名前:Anon 投稿日:2017/09/08(金) 21:21:09 ID:de540861e 返信

    ※1
    黒が一番難しいことにしないといけない。ゆえに黄色なんて存在できない。
    サウスパークの、限界。




    0



    0
  5. 名前:× 投稿日:2017/09/08(金) 21:39:31 ID:f73a1c1a1 返信

    まあ大学受験に関しては黒人が一番イージーモードなんだけどね
    生活環境を考慮されて成績評価が甘い




    0



    0
  6. 名前:Anon 投稿日:2017/09/09(土) 01:31:13 ID:800e76cd4 返信

    東欧に出張してたことあったが
    黒は黒にも殺されるハードモードだったよ




    0



    0
  7. 名前:Anon 投稿日:2017/09/11(月) 07:27:05 ID:54b7a5df7 返信

    向こうは黒人を差別する黒人が存在するからな
    アメリカは成り立ちからして縄張り争いだから差別が道具と化してる
    てかサウスパークって白人キャラの割に肌が肌色なんだな




    0



    0