当サイトを「インターネットエクスプローラー11」(IE11)を使用して表示した場合、レイアウトが崩れてしまい著しく読みにくくなる不具合があるようです(原因調査中)。そのためPCでご覧の方は「Microsoft Edge」「Google Chrome」「Mozilla Firefox」「Safari」など、“インターネットエクスプローラー以外のウェブブラウザ”にてご覧ください。

フィンランド人「ほんの少し前に“携帯電話業界の絶対王者”ともてはやされていたメーカーがうちの国にあるんだけど…お前ら覚えてる?」

海外掲示板redditの/Europeより


(投稿者)

🇫🇮2007年の『フォーブス』表紙

「ノキア ユーザー数10億人 -この携帯電話の王者に一体誰が追い付けるというのか」

[via]goo.gl/QXTAJH



(この話題へのコメント)

🇳🇱そしてこのわずか数年後、ノキアは“終わった”(Finnished)

巨星墜つ…

ところで、“ノキア”ってなに?
ちなみにiPhoneからのコメント

ノキア(英語: Nokia Corporation、フィンランド語: Nokia Oyj)は、フィンランド・エスポーに本社を置く、通信インフラ施設・無線技術を中心とする開発ベンダー。
現在の主要事業は、無線技術を中心とする通信インフラ設備の製造・開発であり、売上の9割を占めている。

2011年までは世界最大の携帯電話端末メーカーであった。市場占有率および販売台数の両方で、1998年から2011年まで首位を維持していたが、その後、スマートフォン戦略および、アメリカ合衆国での市場戦略の迷走により低落傾向に陥り、2012年第一四半期ではサムスン電子に次ぐ2位となった。さらにこの後、iPhone等を擁したアップルや、AndroidOS採用の新世代スマートフォン端末の台頭による経営危機と大規模なレイオフを経て、2013年9月2日にマイクロソフトが携帯電話事業の買収を発表、2014年4月25日に買収手続きが完了し、同事業はマイクロソフト社の傘下に移った。

ノキアがどれだけ圧倒的に支配していたか(それもそう遠くない昔に)忘れてしまうのは簡単だな。彼らはひどいヘマをしたよ。

┗カナダのブラックベリーも同じ。かつては“ホワイトハウスの携帯電話”だったのに、今では誰も使ってない。この2社をみているとテクノロジー業界の勢力図がどれだけ速く塗り替えられるのかよく分かる。

これこそ僕が資本主義を肯定する理由。革新を奨励し、市場の全てのプレイヤーに気を抜かせない。もし平凡な製品を生み出し続けたり、消費者の声に応じなかったら、消費者は背を向けてしまう。ブロックバスター⇒ネットフリックスの物語を思い出すね。

フォーブス「君はこの携帯電話業界の王者に追いつく者が現れると思うかね」
ブロックバスター「いえ、そんなことは絶対にありえません。ノキアは今後1000年栄華を極めることでしょう。」

ブロックバスター(英語:Blockbuster LLC)は、アメリカ合衆国に本拠地を置くビデオ・DVDのレンタルチェーン店である。

全米各地、およそ3000店舗を展開し、ビデオ・DVDのレンタルチェーン店を展開していた。しかし、2000年代後半以後に経営が悪化し、2010年9月に連邦倒産法第11章を申請して倒産に追い込まれた。その後もストリーミング型インターネット動画配信サービスの普及により店舗型レンタルの需要が先細りが続き、2014年1月12日をもって約300のアメリカ合衆国国内全直営店を閉鎖した。

>1、ここに時代を感じる

┗「1バレル60ドル?オーマイガー!これまだ上がるとかあるの?」
古き良き時代である

 ┗2014年の1バレル115ドルも遠い昔か 🙁

>1、2007年11月ということを考えても、この表紙の携帯はかなりのクソスペックだったはず。だってこの2ヶ月前にはもう初代iPhoneが発売されてるんだから。当時俺が使ってたモトローラレーザーですらこれより上に見える。

この表紙の5年後の2012年にはもう「ノキアはなぜ失敗したのか」って記事があったわ

ノキアが失敗した5つのポイント -Wired(2012.05.29)

IHS iSuppli社とStrategy Analytics社が5月24日(米国時間)に発表した報告書によると、携帯電話の売り上げにおいてSamsung社がNokia社を抜いたという。事実上、世界最大の携帯電話機メーカーとしての14年にわたるNokia社の地位に終止符が打たれたわけだ。

🇬🇧このグラフが全てを表している。ノキアは確かに世界的に支配していたけど、シェアを支えていたのは発展途上国における安価な携帯電話としての需要だったんだよね。シンビアンとブラックベリーよ、安らかに眠れ。

🇸🇪マイクロソフトと手を組んだのが間違いだった

┗ノキアはそれ以前にとっくに死んでいたよ。それよりもアンドロイドに切り替えずにシンビアンOSに固執したことが最大の敗因。

Symbian OSはシンビアンによる携帯機器向けオペレーティングシステムであり、関連するライブラリ、ユーザインタフェースフレームワーク、一般的なツールの参照実装が含まれる。2008年にシンビアンはノキアに買収され、2011年末までにノキアから多国籍コンサルティング企業のアクセンチュアに事業が移管された。2010年時点では、スマートフォンのオペレーティングシステム (OS) ではシェア1位であり、フィーチャー・フォンでも広く使われていた。その後Android及びiOSによってシェアは激減し、2012年のシェアは僅か3.3%となった。ノキアは2013年夏、最後のSymbian OSベースのスマートフォンを出荷し、今後はWindows Phoneに完全に移行することを発表している。

🇪🇺「携帯電話市場はPCと同じように発展するだろう。Macのときも当初は多くの注目を集めたが、結局アップルはニッチなメーカーにとどまっている。これは携帯電話でも繰り返されるだろう。」 -アンシ・ヴァンヨキ(ノキア社チーフストラテジスト 2009年11月30日の発言)

┗🇫🇮現在のiOSの市場シェアは15%程度だから、“ニッチ”というのはある意味間違ってない(macOSのシェアと比べたらはるかに上だけど)。ノキアに取って代わったのはアンドロイド。

 ┗🇨🇿ヨーロッパはビッグチャンスを逃したよ(ため息)。2008年~2009年頃にノキアが正しい戦略をとった場合を想像してみよう。ノキアはこの時期に独自の“優れた”モバイルOSを搭載し、“モダン”な静電容量式タッチパネルを採用したスマートフォンをリリースしたとする。ライバルである黎明期のアンドロイドは問題点が多く、非常に苦戦を強いられていた。一方ノキアのブランドは依然として非常に強力だったから、もしカードを正しく切っていれば、今日のモバイルOS市場、そして巨大テクノロジー企業はアップルとグーグルではなく、ノキアを含めた三頭体制になっていただろうね。

🇫🇮ノキアはエンジニア企業だったんだよね。庶民がタッチパネル(ノキアも既にリリースしていたけど廃止した)を受け入れるとは考えられなかったんだと思う。タッチパネルはエンターテインメントのためのものであって、実用的とは考えられていなかった。エンジニア企業は一般庶民の求めているものを見抜けなかった。

┗エンジニアのせいではなかったと思うよ。社内イノベーションを生み出さないマネジメント体質が問題の根幹だった。

🇫🇮俺もタッチパネル操作に慣れるまで何年もかかったわ。というか正直言って、今でも物理ボタンの方がいい。

┗🇮🇹それは君が歳を取りすぎたんだよ…

 ┗🇫🇮キッズがいるぞ!出ていけ!

俺は初代iPhoneと迷った末、ノキアN96を選んだ記憶。今思うとその辺から凋落が始まったような。

でも良い携帯だったよ。シンプルで、小さくて、壊れにくい。

🇳🇿俺はNokia9を楽しみにしているよ! 😀

┗ノキア8使いです。ノキア9は素晴らしい端末になると思う。

 ┗こっちはノキア6。とても感銘を受けた。特に値段を考えるとね。Nexus 6Pと比べても遜色ないほどスムーズに動作しているよ。

あれ、ノキアってアンドロイドOS採用して結局復活したんじゃなかったっけ

┗🇫🇮今のアンドロイドフォンはHMDグローバルというフィンランド企業が作ってるよ。「ノキア」のブランドライセンスをマイクロソフトから買い戻したんだ。ここの幹部にもノキアの人間がいる。

🇷🇺ノキア崩壊は深刻な無能さの表れ。これはそんなに昔の話ではないし、俺もよく覚えている。そこにミステリーはないんだ。俺たちは電車が脱線していく瞬間をスローモーションで見ていて、運転手に止まるように叫んでいた。しかし彼らの動きは鈍かった。ノキアはiPhoneを笑った。アンドロイドを笑った。携帯電話事業でサムスンやHTCに追い抜かれたとき、ノキアはこう言った。「アンドロイドは金を生み出さない。なぜ我々が作った携帯電話でGoogleを儲けさせなきゃならないんだ?」。市場シェアが暴落しているときも、彼らはこう言い続けた。我々ははシンビアンOSで行く、あれで十分。マイクロソフトとの契約は、この恐ろしいほど無能な話の最終章に過ぎない。当時のWEB記事を探してみなさい。誰もがこのままアンドロイドを採用しない場合、ノキアに何が起きるのか予測していた。中にはノキアに懇願している専門家もいた。当時の彼らは最大の市場シェアを誇っていた。もし初代HTC DesireやGalaxyの時代に、ノキアがアンドロイド端末に参入していたら、彼らは現在も世界最大の携帯電話メーカーであり続けただろう。ノキアの顛末は無能さが招いた死と言える。

🇨🇭>1、これは典型的なフォーブスの表紙だわ。2007年11月の時点で既にユーザーインストール型アプリや幅広い接続性(3G,Wifi,Bluetooth)を完備したタッチパネル式のスマートフォンの歴史は既に2年を超えていた。初代iPhoneですらこの年に発売されていたんだ。そしてノキアはこれらの新しいデバイスに対抗するものを何ら持っていなかったし、当時モバイルデバイスに少しでも関心があった人は、ノキアがその立場を維持するためにはすぐにでも何か対抗策を捻りだす必要があることを知っていた。そうした背景を理解した上でこの表紙の文句を見ると面白いね。

🇨🇿これの最悪なところはノキアはヨーロッパ最後の巨大“テクノロジー企業”だったこと。これでヨーロッパはこの業界での地位をアメリカや中国に譲ることになった。

┗🇵🇹“消費者向け”ではね。B2Bテクノロジーならヨーロッパは今も巨人だよ(シーメンスとかフィリップスとか)。

🇫🇮それでもノキアだって今も欧州の巨大テクノロジー企業だよ。消費者の目に触れにくいインフラ側に回ったってだけで。

🇧🇪アップル「待ってろ!俺もすぐそっちに行くからな!」

┗🇸🇰そうならない方がいいな。俺はアップルユーザーではないし、今後も使うつもりはないけど、今やGoogleのライバルになるのはアップルだけだ。アップルが死んでGoogleの一強になったら、やりたい放題になる。だから消費者にとって健全な競争はあった方が良い。

 ┗アンドロイドは単なるOSで、しかもオープンソースだよ。「携帯電話」という製品分野でアップルと競争しているのはGoogleではなくサムスン。

🇷🇴さて次はどちらでしょうか: ☐ Samsung ☐ Apple

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

外部サイトの注目記事


コメント

  1. 名前:Anon 投稿日:2017/09/26(火) 20:24:59 ID:461d5ab51 返信

    使えればいい程度の世界向け商品は日本に合わなかったね

  2. 名前:Anon 投稿日:2017/09/26(火) 20:32:23 ID:5cd48c177 返信

    ロシアのコメント見ると情報が4年ぐらい遅れてんじゃないのってくらいズレてる

  3. 名前:Anon 投稿日:2017/09/26(火) 20:33:40 ID:6e2c72d92 返信

    Nokia 貧民向けの携帯

  4. 名前:Anon 投稿日:2017/09/26(火) 20:39:04 ID:117b8f885 返信

    BlackBerryとかあったな~

  5. 名前:Anon 投稿日:2017/09/26(火) 20:46:16 ID:fa6f58a80 返信

    iOSは日本市場に頼りすぎだし日本のサプライヤーもアップルに頼りすぎで
    ニッチなペンシルビルのような城が本当に盤石なのか共倒れしないか心配だなぁ

  6. 名前:Anon 投稿日:2017/09/26(火) 20:48:44 ID:925e99c2f 返信

    ノキアって名前最初聞いたとき日本のメーカーかと思ったわ。響きがかなり日本語っぽいw

  7. 名前:Anon 投稿日:2017/09/26(火) 20:50:05 ID:1adc7f2c4 返信

    いつも思うんだが、盛者必衰など世の常なのに、なぜ「現在の勝者」を手放しでたたえる人間が後を絶たないんだろうな。

  8. 名前:Anon 投稿日:2017/09/26(火) 20:50:34 ID:d32556105 返信

    変化速い一般人向けの家電メーカーに一国の全ての力注ぐ愚かさだな

  9. 名前:Anon 投稿日:2017/09/26(火) 20:51:15 ID:91b9be192 返信

    結局ネットで世界がつながったのにオープンでない一社(もしくは数社)独占の特化型技術体系では世界では戦えないということ、それが出来るのは中国やアメリカなどの一国だけでバケモノのような巨大市場を抱える国だけ。
    世界がネットで繋がる前なら日本程度の国でもそれがやれたのだけどね・・・

  10. 名前:Anon 投稿日:2017/09/26(火) 20:52:40 ID:f0ae99521 返信

    HTCもgoogleに身売りだし、IT業界は厳しいね

  11. 名前:Anon 投稿日:2017/09/26(火) 20:56:18 ID:afff1c1c3 返信

    日本も敗者なんで笑えんな

  12. 名前:Anon 投稿日:2017/09/26(火) 21:06:46 ID:973e46020 返信

    ブラックベリーはスゴかったな~
    日本ではあまり見なかったけど

  13. 名前:Anon 投稿日:2017/09/26(火) 21:11:57 ID:19c9bfa2e 返信

    サムスンの未来だな

  14. 名前:Anon 投稿日:2017/09/26(火) 21:15:22 ID:39c628f96 返信

    日本は最初から世界で通用してなかったから関係無い。

  15. 名前:Anon 投稿日:2017/09/26(火) 21:30:20 ID:688493af0 返信

    その通用してた携帯が
    だっっっさいうえにクソ程の機能しかないのが凄い

  16. 名前:Anon 投稿日:2017/09/26(火) 21:33:58 ID:e4c19c630 返信

    モトローラさんはどうなりましたか

  17. 名前:Anon 投稿日:2017/09/26(火) 22:15:46 ID:59732d974 返信

    いやー耳が痛いなあw携帯に限らず、電機全体で日本も似たような光景を見たわ

  18. 名前:  投稿日:2017/09/26(火) 22:29:55 ID:8bda1160d 返信

    ノキアもモトローラも2度3度と日本市場に挑戦したけど、悉く惨敗だったよねw終いにはサムソン、LGも参戦したが惨敗、あの当時日本じゃネットに繋がらないカメラも付いてないTVも観れないただの携帯電話は全く売れなかった

    その当時の日本の携帯の進化は凄かった、この進化が実はi-phoneに繋がって行く

    スティーブジョブスは何度も来日して日本のガラ携を徹底研究、その部品を使ってi-phoneの試作品を何回も作らせた、そして遂にi-phone完成だと思ったスタッフはジョブスに「ボタンを取れ」と命令され、「えっ?」仕方なくタッチ画面に変更OSも変更、遂にスマホi-phoneが誕生,しかしアップルは日本だけ販売を躊躇した‥

  19. 名前:Anon 投稿日:2017/09/26(火) 22:53:08 ID:025b47fac 返信

    iPhoneそっくりな端末を作り、見分けのつかない用に並べて
    当時、ブランドや信頼性等の知識に疎かった消費者に買わせてのしあがったサムスン

  20. 名前:Anon 投稿日:2017/09/27(水) 00:19:44 ID:f69f013f4 返信

    ノキア使ってたなー
    まぁ今業界を席巻しているメーカーも5年後はどうなってるかな

  21. 名前:Anon 投稿日:2017/09/27(水) 00:27:51 ID:de8adb2a4 返信

    世界の携帯電話時代の話を聞くにつけ、日本てほんとにガラパゴスだったんだなと ガラケーってまんまズバリ言い当ててる

  22. 名前:Anon 投稿日:2017/09/27(水) 01:46:52 ID:500293b59 返信

    日本は日本でまさにヤラカシの結果スマホ事業に大きく出遅れることになったから他人事ではない。
    夏野剛が詳しく語ってる動画がいくつもあるからそれを見てくれ。

  23. 名前:Anon 投稿日:2017/09/27(水) 03:30:02 ID:22119f62b 返信

    サムスンは別格ニダよ

  24. 名前:Anon 投稿日:2017/09/27(水) 07:33:06 ID:a756ef224 返信

    SymbianOSがLTE以降の通信に対応できてればねー。
    そういう意味での拡張性は無かったのでしょうがなし。

  25. 名前:Anon 投稿日:2017/09/27(水) 08:09:02 ID:128ce2a33 返信

    サムスンはファンドリとしても大きな力もってるからなあ。

  26. 名前:ロケットマンキム 投稿日:2017/09/27(水) 08:27:27 ID:3c2ff234d 返信

    サムスンは国家が後ろ盾。韓国国民から搾取した血を吸い上げて莫大な利益を確保する。
    国民はサムスンマンセーで恍惚の表情で搾取され続ける。唯一にして絶対の褒美である
    サムスンは世界一という幻想のためなら韓国人は喜んで搾取され続ける。
    これを日本が崩すには中々難しい。中国と組んで壊滅させることは可能だが、今度は
    中国が我が物顔をするようになるし、やはり難しいところだ。

  27. 名前:Anon 投稿日:2017/09/27(水) 08:59:13 ID:d39bf46bb 返信

    勘違いしてるのが多いなあ…

    今やブランド化に成功したAPPLEを除くと、携帯電話生産してるのは所謂「第三国」よ。
    日本含め欧米の企業は、部品や特許方面で稼ぐスタイルに移行してるんだよ。

    三星はそういう基礎能力がないからいくらでも値段を下げていける中華と、いつまでも張り合うチキンレースやってんだよ。

  28. 名前:Anon 投稿日:2017/09/27(水) 09:14:25 ID:228f78d0c 返信

    日本人からしたら機能のしょぼいノキアが外国で売れまくったこと自体が不思議だったけどね
    当時の外国人が日本でシェアが低い事に着目していればノキアの凋落も多少は予想できたはず

    • 名前:Anon 投稿日:2017/09/28(木) 16:39:09 ID:e7e8a44fb 返信

      おサイフケータイ、こどもケータイ、TV
      ノキアも含めた北欧ケータイのパクリだぞ

  29. 名前:Anon 投稿日:2017/09/27(水) 09:20:00 ID:3dcb64e53 返信

    ノキアなんて普通の日本人は聞いたこともないだろうなぁ

    • 名前:  投稿日:2017/09/27(水) 13:21:04 ID:fcd8e02c0 返信

      ※29
      新聞の経済面ではよく登場した名前だぞ。
      そんで、普通の日本人は経済の経済面も普通に読むし、
      普通の日本人におけるノキアの知名度はそこそこある。

  30. 名前:Anon 投稿日:2017/09/27(水) 11:31:53 ID:dca5afee2 返信

    初めて買った携帯電話が、IDOでNokiaのだった

  31. 名前:Anon 投稿日:2017/09/27(水) 12:22:45 ID:820cb2ef4 返信

    盛者必衰。無常だな。

  32. 名前:Anon 投稿日:2017/09/27(水) 12:46:02 ID:1bdaf2db3 返信

    iphoneがすごすぎたってことだと思う。というかiOSがかな。
    最初からほぼいまと変わってないぐらい完成度高いw

  33. 名前:Anon 投稿日:2017/09/27(水) 21:25:15 ID:786d975d7 返信

    ガラケーがあったからメジャーではあっても時代遅れの携帯しか発売してない会社ってイメージだったわ

  34. 名前:Anon 投稿日:2017/09/27(水) 22:43:03 ID:f9de93b83 返信

    ブラックベリーとかなんやら聞くと日本には関係のない話のようだが、気づいたら日本企業も日本市場で負けていたw
    一つ革新的なモデルが出来ると成長がや移り変わりが早くて驚いた
    自動車もEVと自動運転や飛行自動車など革新的何かを作り出そうとして立場の塗り替えをしようとしてるよなぁ

  35. 名前:Anon 投稿日:2017/09/27(水) 22:44:52 ID:f9de93b83 返信

    ガラケーのいいところは、物理ボタンのぽちぽち、クリックの開館と似てるところじゃないか?
    スマホのふわふわしてるボタンってやっぱ押してる感じしなくて未だ慣れない

  36. 名前:Anon 投稿日:2017/09/28(木) 13:15:37 ID:34d73174c 返信

    一昔前、「外国人が語る日本のここが好き」みたいな本を買ったんだけど、その中にノキアの社員の話があった
    日本支社の社員(フィンランド人)の反応を、日本人社員が紹介するみたいな内容だった気がするけど、「日本は閉鎖的」だの「われわれノキアがどこの会社化も知らない」だの、とにかく日本に否定的で自尊心ありありで、すげえ不快だった記憶がある

  37. 名前:Anon 投稿日:2017/09/28(木) 16:33:39 ID:e7e8a44fb 返信

    ノキアはデフォで日本語を入れてくれてる唯一のメーカーで㊜無視して輸入してもそのまま使えたんだよな

  38. 名前:Anon 投稿日:2017/09/28(木) 16:51:56 ID:14aedc8a3 返信

    日本はガラパゴス過ぎて世界から知られていなかったが
    海外ニュースが日本の、携帯に注目し、これはヤバいって事になった
    日本が携帯を、世界で販売し始めたら日本独占になるとまで言われた品質だったが
    やはりアップルが一足早かったんだよな
    アップルがiPhone開発が後、のトイレに設置した」と指摘。事件直後に全被告は韓国に帰国したが、韓国のインターネット上などでトイレに設置したことを非難されたため、「失敗だった」と感じ、再び犯行を行うために日本への再入国を試みたとした。数年遅れれば日本が、世界に携帯を売りに出してた
    皮肉にもその日本の携帯電話の小型化による部品技術がiPhoneを可能にした、アップルは、日本の、技術を恐れて真似されるのを嫌ってサムスンに製造を依頼、そこでアップルはパクられてスマホを造られるというマヌケな事をやらかした