当サイトを「インターネットエクスプローラー11」(IE11)を使用して表示した場合、レイアウトが崩れてしまい著しく読みにくくなる不具合があるようです(原因調査中)。そのためPCでご覧の方は「Microsoft Edge」「Google Chrome」「Mozilla Firefox」「Safari」など、“インターネットエクスプローラー以外のウェブブラウザ”にてご覧ください。

アメリカ人「君たちの国でも“ハロウィン”は祝うの?」


海外掲示板redditの/AskEuropeより


(投稿者)

🇺🇸ここアメリカではハロウィンはとても大きな祝日で、パーティーやパレード、仮装して仕事に向かう人々、そしてもちろん「トリックオアトリート!」を楽しむ。ヨーロッパではアメリカほど大きなイベントではないことは分かっているけど、そもそもハロウィンが祝祭日なのかどうか含めて気になっているから、ヨーロッパにおけるハロウィンについて教えてほしい。

[via]goo.gl/s2R84p



(この話題へのコメント)

🇦🇹うーん…そういう“試み”はあったような…

🇪🇪特別な日として仮装して出かける人も多少はいる。でも間違いなくエストニア人みんなというわけではない。

🇧🇦大きな都市でやってる仮装パーティーを除けば…ノー。

🇮🇹イタリアは酔っぱらうための口実を探しているのであれば…

┗🇩🇰同じく。実際はほぼ空気。

🇮🇪ハロウィンは我々が発明した。だから当然イエス。

┗🇬🇧俺も真っ先にこれ思ったw

┗(スコットランド)それうちらも入ってるよね!?イングランドはたぶん…

 ┗🇮🇪サウィンを祝う地域は入れていい。つまりスコットランドはイエス。イングランドはノー。

🇪🇺サウィン万歳!
(註)サウィンはハロウィンの原型になったケルトの宗教行事。ハロウィンは元々キリスト教の祭ではない。

🇬🇧まあイギリスは間違いなくイエス。国民全員の祝日だからとても嬉しい。

🇬🇧イギリスはアメリカほどじゃないけど、ここ数年でより大きなイベントになってきているよ。子どもたちはトリックオアトリートに繰り出して、多くの家が飾り付けを行う。スーパーマーケットでもハロウィンに便乗してコスチュームやカボチャを売ってるね。

🇧🇪ベルギーはある。翌日が祝日(諸聖人の日)だから、あちこちでパーティーをやってるよ。ハロウィンツアーというのもあって、大体5~10㎞程度の距離をみんなで歩くんだけど、その間、吸血鬼や狼男に扮した人々が怖がらせようとしてくるんだ。ウォーキング中はスープと酒(大体Jenever)を貰える。ゴールにたどり着くとみんなで飲んだり、ハンバーガーやホットドッグを食べたりするんだ。

🇫🇷ハロウィンはあるけど、ほとんどのフランス人は全く興味ない。去年うちにキャンディーをねだりにきた子は一人もいなかったよ。

┗🇬🇧君の家はハロウィン仕様に飾り付けてる?イギリスのルールだと飾りつけていない家のドアはお菓子をねだるためにノックしてはいけないことになってる。

 ┗🇫🇷25年間生きてきたけど、フランスでハロウィンのために飾りつけをしてる家なんて一軒も見たことないな

 ┗🇬🇧子どもの頃はこれ全く気にしてなかった。それで不意打ちを食らった家の人が子どもに対して断るのは悪いと思ったみたいで、家の中を探し回って未開封のフラフープをくれた記憶。

  ┗🇬🇧俺のときは、家の人は寝ていたらしくドア開けたら悲鳴を上げられたよ 🙁

🇵🇱ポーランドはクラブとかそういう場はハロウィンパーティーをやるけど、“誰もが楽しみにしている特別な行事”ではないな。トリックオアトリート!をしに来る子どももいるけど、ほとんどの家は準備してないから失敗に終わることも多い。

🇪🇸ハロウィンに合わせて仮装パーティーを開催するパブや学校もあるけど、パレードはカーニバルのためのものだね。「トリックオアトリート!」なんてほぼ誰もやらないし、祝日になるのはその翌日の諸聖人の日。この日スペイン人(主に年配の方)は墓地に行って先祖の墓に花を手向ける。

諸聖人の日(All Saints’ Day)は、カトリック教会の祝日の一つで、全ての聖人と殉教者を記念する日。古くは「万聖節」と呼ばれていた。カトリック教会の典礼暦では11月1日。

アイルランドやケルトの習慣では諸聖人の日の前の晩は「ハロウ・イブ(Hallow Eve)」と呼ばれ、キリスト教伝来以前から精霊たちを祭る夜であった。19世紀に移民によってアメリカ合衆国に持ち込まれたこの習慣が「ハロウィン(Halloween)」である。「ハロウィン」は「ハロウ・イブ」がなまったものである。アメリカでは現在、このハロウィンの方が盛大に開かれる。だが諸聖人の日には、もともとアメリカ国内にてカトリック信徒が少ないせいもあって、これといった行事は催されないのが通常である。

(カタルーニャ)ハロウィンを祝う人もいるけど、カタルーニャでは同じ日に「カスタニャーダ」という別のお祭りをやってる。

🇸🇮仮装パーティーだけ。トリックオアトリートもやらないし、家の飾りつけなんて誰もしない。スロベニア人の認識ではまだ新しい“輸入品”の祭日だね。仮装してお菓子をねだるスロベニアバージョンのハロウィンといえば、2月~3月の間に行われるクレントヴァニエ(冬追い祭)。

🇩🇪もちろんイエス。なぜならハロウィンはドイツ史上最も成功したバンドだからな。

┗🇬🇧ドイツの子どもたちはハロウィンでカイ・ハンセンの仮装をして近所のお家にお菓子と金をねだりに行くの?

 ┗🇩🇪ノー。でも、ウド・ダークシュナイダーの仮装をして“壁にタマをぶつけやがれ”って命令するけど。

🇩🇪実際ドイツではあまり…って感じだな。クラブとかそういう場所ではハロウィンパーティーをやるけど、ドイツの子どもがキャンディーをねだるイベントは聖マルティヌスの日だし、子どもが仮装してお菓子を貰うイベントといえばカーニバルだ。

聖マルティヌスの日(英語: St. Martin’s Day, ドイツ語: Martinstag, フランス語: soir de la Saint-Martin)は、トゥールの聖マルティヌスを記憶するキリスト教の聖名祝日の一つで、11月11日に祝われる。聖マルティヌスの日は収穫祭の日であり、冬の始まりの日ともされる。

農民が一年を締めくくる日でもあり、元々クリスマスに行われていた雇用契約の更新や、地代の支払いもこの日に行われるようになった。子供たちは、ランタンに火をともして、自分が住む町の市長が扮する聖マルティヌスを教会に案内し、その見返りとしてパンをもらう。また、家々を一軒ずつ回って、祝福の言葉を述べ、その家の人が、パンや菓子を与える。

🇩🇪ドイツも過去10年くらいで一定の人気は確立したんじゃないかな。主にアメリカ映画やTVドラマ、産業界がプッシュしていることの影響。それに、人々は喜んでこのお祭りに乗っかっているね。企業にとっては謝肉祭やカーニバルの時期以外の販売促進になるし、庶民にとってはドレスアップする理由ができるから。

🇫🇮フィンランドもこの季節は亡くなった親戚の墓にろうそくを手向けるのが定番だったけど、過去数年でアメリカ式の「ハロウィン」が浸透してきていて、今ではどの店でもプラスチック製のかぼちゃとかグッズを売ってるね。ここではトリックオアトリート!はやってない。それはイースターのものなんだ。イースターでは子どもたちが小さな魔女に扮して、飾り付けた柳の枝と引き換えにお菓子を貰う。
同じことはバレンタインデー (“Ystävänpäivä”、フィンランド語で「フレンズデー」) にもいえる。元々は友達にメッセージカードとかを贈るイベントだったんだけど、最近は青くさいロマンスイベントに変わりつつある。まあ他の人も指摘しているけど、商業的な目論見から小売店が盛り上げようとしているんだよね。フィンランド人の反応は多少冷ややかだけど。


日本でも昔は空気だったのにいつの間にか定着していたような。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

外部サイトの注目記事


コメント

  1. 名前:Anon 投稿日:2017/10/02(月) 16:29:12 ID:7b24472cf 返信

    渋谷辺りでハロウィンという名前だけの仮装ゴミと騒音まき散らし混雑迷惑大会ならするかな

  2. 名前:Anon 投稿日:2017/10/02(月) 16:30:53 ID:4b7c1a193 返信

    日本では祝わないよw
    多分殆どの人がどういうお祭りなのか知らない
    クリスマスだってかなり怪しいぞw
    サンタクロースの誕生日?って答えるやついたし。

  3. 名前:俺は元クリスチャン 投稿日:2017/10/02(月) 16:40:24 ID:5c99337a8 返信

    まあ日本ではお祭り好きと商戦好きが全力で乗っかります。
    クリスマスもする割に、イエス・キリストの事は単なる頭のおかしい死刑囚と思ってる。
    イエスの最後の晩餐は何処で?と聞かれたら大半の国民は吉野家と答えるよ。

  4. 名前:Anon 投稿日:2017/10/02(月) 17:38:46 ID:ab95f4470 返信

    普段はプライドが邪魔してコスプレできない一般人とDQNが、ハロウィンだからと堂々羽目を外せる、唯一の日

  5. 名前:Anon 投稿日:2017/10/02(月) 17:53:53 ID:6cadc075c 返信

    陰キャさんのハロウィン嫌いは異常だよな

  6. 名前:名無しさん 投稿日:2017/10/02(月) 18:29:16 ID:042b4511a 返信

    日本のハローウィンは幼稚園と街頭コスプレ可のイベントとして無理矢理定着しちゃった感があるな。

  7. 名前:Anon 投稿日:2017/10/02(月) 18:45:43 ID:31099f9d2 返信

    馬鹿が騒ぐだけで誰も祝う気持ちなんぞありゃしない

    • 名前:Anon 投稿日:2017/10/02(月) 23:38:06 ID:64e940980 返信

      そう!祝う日じゃなく
      チンドン屋みたいに仮装して街をねり歩きバカ騒ぎするイベントになってるわな。

  8. 名前:Anon 投稿日:2017/10/02(月) 19:18:50 ID:32e44bd2f 返信

    コスプレはともかく、全体的な雰囲気が秋の深まりとマッチしているから
    季節を感じさせるイベントとしてうまく取り入れたと思う

  9. 名前:俺様も元クリスチャン 投稿日:2017/10/02(月) 19:23:21 ID:54d1ba52a 返信

    ※3
    イエスさんとえべっさんの違いが俺もよく解らない。
    俺も元クリスチャン。

  10. 名前:Anon 投稿日:2017/10/07(土) 01:42:23 ID:ff82c1b1b 返信

    不思議なのが、アメリカではクリスマスもポリコレで「ハッピーホリデイ」だとか、
    何故ハロウィンも「ハッピーホリデイ」と成らないのだろうか?

    • 名前:Anon 投稿日:2017/10/08(日) 14:20:13 ID:daea6b283 返信

      クリスマスと違って ハッキリした宗教色が無いから大丈夫。
      ただ、精霊とか自然崇拝とか悪魔信仰とか偶像崇拝的な要素が あると言えばあるから、ハロウィンを禁止してる宗教はある。

  11. 名前:Anon 投稿日:2017/10/08(日) 23:42:10 ID:49d7104ed 返信

    10月にカボチャ嫌いの子供にカボチャを楽しく食べさせられるイベントw
    12月にも健康を祈願してカボチャを食べる

  12. 名前:Anon 投稿日:2017/10/10(火) 01:45:09 ID:b7db27be1 返信

    アメリカ人が言ってるもんだからハロウィンはアメリカ発祥だと思ったらアイルランド発祥なんだね

  13. 名前:Anon 投稿日:2017/10/12(木) 12:40:44 ID:a91490d0d 返信

    そんなもん祝ってる日本人家族がいたら見てみたいもんだわ

  14. 名前:Anon 投稿日:2017/10/12(木) 12:44:41 ID:847a1bb30 返信

    そもそもアメリカだってハロウィン関係ない(元はケルトの祭り)のに祝ってるんだから、
    日本が便乗してもおかしくないだろう。
    それともアメリカ人はみなケルト人の末裔なのか?
    そもそも、キリスト教伝来以前の精霊を祀る行事なのだから、
    敬虔なクリスチャンにとっては邪教の祭り以外の何物でもないだろうに。