外国人「映画レビューサイトの平均点でみる“ヨーロッパ各国のベスト映画”を発表します」

海外掲示板redditの/Europeより


(投稿者)

❔ヨーロッパ各国の「IMDbのスコアが最も高い映画」マップ


地図上に記載された映画は各国の「IMDb(映画レビューサイト)のスコアが最も高い作品」です。各国/地域の映画産業の規模に応じた最低限のレビュー数に達している作品のみを選考基準とします。また、“50レビュー以上で且つレビュースコアが7.0/10以上”を満たす作品が一本もない国は空欄とします。以下、選出された各国の映画一覧(リンク先はIMDbの作品ページ)。

🇦🇱アルバニア 『戦士スカンデルベグ』 (日本未公開)
🇦🇹オーストリア 『ヒトラーの贋札』
🇧🇾ベラルーシ 『炎628』(ソ連時代)
🇧🇪ベルギー 『ミスター・ノーバディ』
🇧🇦ボスニアヘルツェゴビナ 『ノー・マンズ・ランド』
🇧🇬ブルガリア 『Vchera/イエスタデイ』 (日本未公開)
🇭🇷クロアチア 『ハリマの道』 (日本未公開)
🇨🇾キプロス 『エクソダス』(日本未公開)
🇨🇿チェコ 『コーリャ 愛のプラハ』
🇩🇰デンマーク 『偽りなき者』
🇪🇪エストニア 『みかんの丘』
🇫🇮フィンランド 『過去のない男』
🇫🇷フランス 『レオン』
🇬🇪ジョージア 『花咲くころ』
🇩🇪ドイツ 『善き人のためのソナタ』(次点は『Uボート』)
🇬🇷ギリシャ 『その男ゾルバ』
🇭🇺ハンガリー 『サウルの息子』
🇮🇸アイスランド 『エンジェル・オブ・ザ・ユニバース』
🇮🇪アイルランド 『ルーム』
🇮🇹イタリア 『続・夕陽のガンマン』(次点は『ライフイズビューティフル』)
🇽🇰コソボ 『三つの窓と首吊り』
🇱🇻ラトビア 『ドリームチーム1935』
🇱🇹リトアニア 『ナチス・ホロコーストの戦慄』
🇱🇺ルクセンブルク 『悪ガキたち』(日本未公開)
🇲🇰マケドニア 『ビフォア・ザ・レイン』
🇲🇩モルドバ 『プロクルステスの寝台』(日本未公開)
🇲🇪モンテネグロ 『父と子の名の下に』(日本未公開)
🇳🇱オランダ 『ブラックブック』
🇳🇴ノルウェー 『ピンチクリフ・グランプリ』
🇵🇱ポーランド 『愛に関する短いフィルム』
🇵🇹ポルトガル 『アニキ・ボボ』
🇷🇴ルーマニア 『4ヶ月、3週と2日』
🇷🇺ロシア 『アンドレイ・ルブリョフ』
🇷🇸セルビア 『アンダーグラウンド』
🇸🇰スロバキア 『ザ・ガーデン』
🇸🇮スロベニア 『クラスの敵』(日本未公開)
🇪🇸スペイン 『ビリディアナ』
🇸🇪スウェーデン 『野いちご』
🇨🇭スイス 『山河遥かなり』
🇹🇷トルコ 『ハババンスヌフ』(日本未公開)
🇺🇦ウクライナ 『ガイド』
🇬🇧イギリス 『アラビアのロレンス』

[via]goo.gl/uB9SBi,goo.gl/ffGVXa



(この話題へのコメント)

🇪🇺>1、これは実際かなり良いセレクション。そのうち見ようと思ってた作品もいくつかあった。

🇮🇪え?この名作ってアイルランドの映画だったの?

┗🇮🇪そうだったらよかったんだけど…

┗🇭🇷ネタだろうけど、『ザ・ルーム』と『ルーム』は別の映画な

『ルーム』(Room)は、2015年にカナダとアイルランドで製作されたドラマ映画である。フリッツル事件を基に書かれたエマ・ドナヒューの小説『部屋』を原作としている。監督はレニー・エイブラハムソン、主演はブリー・ラーソンが務めた。
本作は第40回トロント国際映画祭で観客賞を受賞するなど、批評家・観客の双方から高い評価を得た。

『ザ・ルーム』(原題:The Room)は2003年にアメリカ合衆国で公開された恋愛映画である。監督と主演はトミー・ウィソーが務めた。公開された当初、余りにも支離滅裂なストーリーが酷評されたが、現在ではカルト映画としての地位を確立している。後述のように、本来、この作品はもっと酷い出来映えのものになるはずだったが、現場の尽力で酷い要素の幾つかを何とか回避した。それにも拘わらず、酷評を免れることが出来なかった。

❔アイルランド映画史上最高の評価を得た映画がこんな最近の作品だなんて面白い

┗🇮🇪『ルーム』以前の1位は『父の祈りを』らしい。

❔デンマーク⇒『偽りなき者』
そうだった、これ観なきゃいけないんだった。

『偽りなき者』(Jagten)は2012年のデンマークのドラマ映画。トマス・ヴィンターベア監督、マッツ・ミケルセン主演。クリスマスを迎えるデンマークの小村を舞台とし、集団ヒステリーの対象となった男性を描く物語である。

🇭🇷>1、クロアチア⇒『ハリマの道』ってなってるけどこれは間違い。クロアチアのNo.1は1000レビュー以上で平均スコア8.6の『Tko pjeva zlo ne misli』(歌う人に悪者はいない)。これはクロアチア史上最も偉大な映画という話題でも大体真っ先に名前が挙がる作品。

❔>1のリストはソ連映画は入れてるのにユーゴスラビア映画は除外されていて残念。それを含めるのであればボスニアのNo1は『ジプシーのとき』(これは素晴らしい映画)になる。

❔「ユーゴスラビアの映画」という括りなら『歌っているのはだれ?』(Ko to tamo peva)が1位に相応しい。次点は『マラソンファミリー』(Maratonci Trče Počasni Krug)、それから『バルカンのスパイ』(Balkanski Špijun)。
でも今の旧ユーゴ諸国における映画は戦争以前のクオリティに遠く及ばない。新世代の役者もまともに演じられない人ばかりで、我々の映画産業の未来には悲観的にならざるをえない。

❔アルバニアはやっぱりスカンデルベグものなんだな

スカンデルベグ(Skanderbeg、1405年 – 1468年1月17日)あるいはスカンデルベクは、中世アルバニアの君主であり、オスマン帝国に抵抗した民族的英雄である。

🇹🇷『ハババンスヌフ』は最高だった。今までで一番笑ったコメディ映画。

🇳🇱『ブラックブック』は好きじゃないんだよなあ…

『ブラックブック』(蘭: Zwartboek、英: Black Book)は、2006年制作の映画。ポール・バーホーベン監督が母国オランダに戻って製作した、第二次世界大戦時、ナチス占領下のオランダを舞台にしたサスペンス。

🇫🇷ベルギーの『ミスター・ノーバディ』は最高。

┗🇨🇿同意。評価していない人も多いらしいけど、自分は好き。

🇷🇺ポーランドの『愛に関する短いフィルム』がお気に入り。テレビ版の『デカローグ』も強く勧めたい。

デカローグ (波:Dekalog) は、1989年から1990年にかけて製作されたポーランドのテレビドラマ・シリーズ。
クシシュトフ・キェシロフスキが監督を務め、キェシロフスキとクシシュトフ・ピエシェヴィッチが脚本を、音楽をズビグニエフ・プレイスネルが担当した。各1時間の全10話で構成され、聖書の十戒をモチーフにしている。現代のポーランドに住む人々が直面する道徳的・倫理的な問題が各話で扱われる。
本作はキェシロフスキの作品で最も称賛されており、「テレビ作品では最もドラマティックな作品」と言われている。第46回ヴェネツィア国際映画祭国際映画批評家連盟賞など国際的に多数の賞を受賞し、1990年代後半にはヨーロッパ以外でも公開された。

キェシロフスキは映画版の方がポーランド国外で配給しやすいとのプロデューサーからの依頼に従い、本作の第5話と第6話を劇場公開用に再編集し、1988年に『殺人に関する短いフィルム』と『愛に関する短いフィルム』を製作した。テレビシリーズと同じキャストで、脚本をわずかに変更している。前者は第41回カンヌ国際映画祭カンヌ国際映画祭 審査員賞や第1回ヨーロッパ映画賞作品賞などを受賞した。

🇵🇹『レオン』がNo.1ってフランス人にとっては屈辱的なのかな

┗🇺🇸そうか?『レオン』は名作だろ。フランス映画は傑作が目白押しなのは分かっているけど、特に『レオン』は国際的に支持されているわけで。

🇮🇳ジャン=リュック・ゴダールのような監督を生んだ国の最高傑作が『レオン』とは…何たる冒涜

┗🇨🇿ヌーヴェルヴァーグは評論家以外にも広く愛されてるってわけじゃないからね。
まあ俺は好きだけど、退屈という人がいるのも理解できる。

❔『レオン』は最もアメリカ的なフランス映画だから、IMDB(アメリカ人が最大勢力)の投票者に支持されるのも分かる。

❔君たちは異論があるだろうけど、俺にとってフランス映画のNo.1は『96時間』

🇩🇪まあIMDBなんて当てにならないよ。だってこのサイト曰く、「『ダークナイト』は史上最高の映画の一つ」らしいし…。ドイツについて言うと、『メトロポリス』以外が1位になる時点で明確に間違ってる。

┗🇩🇪『メトロポリス』は映画史的には最重要作品の1つだけど、娯楽性やクオリティの面で最高の映画というわけではない。同じことは『市民ケーン』にも言える。

『メトロポリス』(Metropolis)は、フリッツ・ラング監督によって1926年(大正15年)製作、1927年に公開されたモノクロサイレント映画で、ヴァイマル共和政時代に製作されたドイツ映画である。
製作時から100年後のディストピア未来都市を描いたこの映画は、以降多数のSF作品に多大な影響を与え、世界初のSF映画とされる『月世界旅行』が示した「映画におけるサイエンス・フィクション」の可能性を飛躍的に向上させたSF映画黎明期の傑作とされている。フォレスト・J・アッカーマンは本作をSF映画に必要な要素が全てちりばめられており「SF映画の原点にして頂点」と評価している。また、前年の1925年に製作された『戦艦ポチョムキン』と並んで、当時の資本主義と共産主義の対立を描いた作品でもある。

🇪🇺『レオン』『ノーマンズランド』『コーリャ』の3本だけ観た。悪くなかったよ。

🇳🇱俺は『レオン』と『善き人のためのソナタ』。前者はまあまあ、後者はグレートな映画だった。

🇭🇺リトアニアの『ナチス ホロコーストの戦慄』はおすすめ。強制収容所に入れられたリトアニアの大学教授を描いた実話なんだけど、そこがどんな環境で、収容者の肉体や精神に何が起きていたのか知りたい人なら必見の映画。

🇪🇸ドイツの1位(『善き人のためのソナタ』)を未見の人がいたら、これは強くお勧めする。それから第二次世界大戦をドイツ軍兵士の視点から描いた『ジェネレーション・ウォー』も挙げたい。

┗🇭🇺『善き人のためのソナタ』は良い映画だけど、あれよりも優れたドイツ映画は6~7作は思い浮かぶわ

 ┗🇩🇪そのリストに『グッバイ、レーニン!』が入っていないなら君のセンスを疑う

  ┗🇭🇺心配しなくて大丈夫だ。もちろん入ってるから。

🇩🇪ドイツの平均的映画ファンに対する君たちの幻想を破壊するために…
『善き人のためのソナタ』⇒観客動員数230万人
スーパーゴミクソ映画『ゲーテなんてクソくらえ』⇒観客動員数460万人
俺にとっては死にたくなるような現実だ

🇬🇧『アラビアのロレンス』は史実との違いを差し引いても超名作。これと『戦場にかける橋』は僕の圧倒的お気に入り映画。

🇸🇰役者一家で育ったけど、『ザ・ガーデン』なんて初めて聞いたわ
スロバキア映画の最高傑作が『大通りの店』じゃないとしたら何なんだ。もし分離独立後に限るなら最近公開された『誘拐』を推薦したい。

🇪🇸ベラルーシの『炎628』は凄まじい戦争映画。

┗🇺🇸自分もいつか見ようと思ってるんだけど、精神をやられるような気がして中々手が出ない。こういう映画を観るための“ムード”ってあるのかな?

 ┗🇺🇸ムードなんか関係ないぞ。観終わったらどっちみち絶望的な気持ちになるんだから。

炎628 Blu-ray

ドイツ軍による集団虐殺をひとりの少年の目を通して描いた戦争ドラマ。第2次世界大戦中、モスクワの西・白ロシア地域。地下組織に加わっていた少年が村に戻るとそこは死体の山だった。次の村を訪れた少年は、ドイツ兵による虐殺を目の当たりにし…。

🇪🇺『アンダーグラウンド』と『善き人のためのソナタ』は傑作。ポルトガルは『アニキ・ボボ』?なんでこれが1位?

アンダーグラウンド [DVD]

第二次世界大戦中、ドイツ軍に侵略されたセルビアの首都ベオグラードに住む武器商人のマルコは、レジスタンス活動を行うために市民を率いて地下に潜伏し、そこで武器を製造させて巨万の富を築きあげる。そして大戦が終結した後も、彼は市民にそのことを告げず、せっせと武器を作らせ続けていく…。
サラエボ出身のエミール・クストリッツァ監督が、バルカン半島の情勢が緊迫する90年代半ばに作りあげ、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した問題作。シニカルで滑稽な作風のなか、哀しく愚かでありながらも生き続けていく人間への賛歌を露にしていく171分の力作でもある。クストリッツァ映画に欠かせないジプシー・バンドの音楽も効果的だ。

🇪🇸『ビリディアナ』ってルイス・ブニュエル監督の一番有名な映画でスペイン国外でも高評価だったのね。観るリストに入れておくよ。

ビリディアナ [DVD]

61年にルイス・ブニュエルが祖国・スペインに帰還して手掛けた名作ドラマ。ひとり暮らしの叔父を訪ねた修道女・ビリディアナ。叔父は亡き妻に生き写しの彼女を自分のものにしようとするが、その想いを知ったビリディアナは彼の下を去ってしまう。
出演はシルビア・ピナル、フランシスコ・ラバルほか。第14回(1961年)カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品。

🇸🇪『ピンチクリフ・グランプリ』は最高の映画

┗🇳🇴子どもの頃何度も観たわ。この映画の製作にどれだけ労力を費やしたか知ったら驚くと思う。

『ピンチクリフ・グランプリ』(原題:Flåklypa Grand Prix)は、1975年にノルウェーで製作された人形アニメ映画である。この映画はノルウェー映画史上最大のヒット作となり、1993年にはチケットの累計売上枚数が500万枚を突破した。これはノルウェーの人口(約470万人)よりも多い。

🇸🇪スウェーデン在住スペイン人だけど、スウェーデン映画は本当に変わってるね。

┗🇸🇪スウェーデン人だけど同意。

🇮🇸スウェーデン映画は『ぼくのエリ 200歳の少女』しか観たことないんだけど、>1のスウェーデン代表がこの映画じゃないことが信じられないほど素晴らしい映画だった。

┗🇸🇪ベルイマンは観た方がいい。『野いちご』と『ファニーとアレクサンデル』はスウェーデン映画の見本。

イングマール・ベルイマン(Ingmar Bergman, 1918年7月14日 – 2007年7月30日)は、スウェーデンの映画監督・脚本家・舞台演出家。スウェーデンを代表する世界的な映画監督として知られる。
「神の沈黙」、「愛と憎悪」、「生と死」などを主要なモチーフに、映画史に残る数多くの名作を発表した。

❔フィンランドの『過去のない男』はかなり変わったスタイルの映画。どのキャラクターも抑揚のないぶっきらぼうな調子で喋る。

過去のない男 [DVD]

フィンランドの異才アキ・カウリスマキ監督が、記憶をなくした男の戸惑いと淡い恋をしみじみと語る、カンヌ映画祭グランプリ&主演女優賞受賞作。ヘルシンキにやって来た男が暴漢に襲われ、記憶喪失に陥ってしまう。彼は港湾のコンテナで生活を始め、食事や服の面倒をみてくれる救世軍の女性に恋をするが、銀行強盗に巻き込まれたことから身元が発覚し…。
カリウリスマキ監督ならではの、無表情な登場人物、少ない台詞。しかし、そこに人生の悲喜こもごもが見え隠れし、深い感動を誘う。犬に至るまで脇役の存在感も強烈だ。劇中に、クレイジーケンバンドによる日本語の曲「ハワイの夜」が流れ、「にぎり鮨」も登場するなど、唐突な日本ネタに思わず頬が緩む。

🇪🇺ここまで誰もイタリアの『続・夕陽のガンマン』に言及してないなんて…当時のイタリア映画を象徴する大傑作だろ。


(補足)

IMDbトップ250によると全体の上位は…

1.『ショーシャンクの空に』
2.『ゴッドファーザー』
3.『ゴッドファーザー PartⅡ』
4.『ダークナイト』
5.『12人の怒れる男』
6.『シンドラーのリスト』
7.『パルプフィクション』
8.『ロードオブザリング 王の帰還』
9.『続・夕陽のガンマン』
10.『ファイトクラブ』
(以下略)

ちなみに日本映画の1位は『七人の侍』(歴代19位)、次点は『千と千尋の神隠し』(歴代29位)でした。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

外部サイトの注目記事

スポンサーリンク

コメント

  1. 名前:Anon 投稿日:2017/11/29(水) 14:49:55 ID:5f2bab18b 返信

    『コーリャ 愛のプラハ』 『レオン』『その男ゾルバ』『続・夕陽のガンマン』『ビフォア・ザ・レイン』『アンドレイ・ルブリョフ』『アンダーグラウンド』『野いちご』『アラビアのロレンス』は見た事ある。
    『ザ・ガーデン』はデレク・ジャーマンの映画とは違うのね。




    0



    0
  2. 名前:名無し 投稿日:2017/11/29(水) 15:09:49 ID:6f875ed82 返信

    ポルトガルはオリヴェイラ監督一択だからなぁ‥。アニキボボは名作だけど。
    個人的には、同監督の100歳超えてからの作品が好き 笑 最後まで感性が若かった。




    0



    0
  3. 名前:Anon 投稿日:2017/11/29(水) 15:53:15 ID:944f45dce 返信

    アエアエア~って、イタ公、マジかよ・・
    メリーゴーランドちゃうんか!




    0



    0
  4. 名前:Anon 投稿日:2017/11/29(水) 16:07:47 ID:ac5e15e24 返信

    七人の侍は作品性とエンタメを両立させてる真の意味での名作だからな
    そういう作品はヨーロッパにはほとんど無いね
    ブニュエルならメキシコ時代の昇天峠の方がエンタメとして楽しめたかな
    あとあげるならゴダールの女と男の居る舗道とか第三の男とかフェリーニのインテルビスタとか




    1



    0
  5. 名前:Anon 投稿日:2017/11/29(水) 16:13:33 ID:a908fa96c 返信

    第二次世界大戦(特にナチス)に関する映画多すぎやろ




    0



    0
  6. 名前:Anon 投稿日:2017/11/29(水) 16:22:40 ID:9efbc0fb5 返信

    偽りなき者とかいう過去最高の胸糞映画
    なお名作の模様




    0



    0
  7. 名前:Anon 投稿日:2017/11/29(水) 16:47:03 ID:f8a74483a 返信

    アンダーグラウンドは凄い映画だったね




    1



    0
  8. 名前:Anon 投稿日:2017/11/29(水) 16:53:01 ID:55cb7e7ac 返信

    「レオン」とか「続夕陽のガンマン」みたいに母国語でもない英語台詞の映画をベストに選ぶのは違うと思う




    1



    0
  9. 名前:Anon 投稿日:2017/11/30(木) 00:23:02 ID:9e50da271 返信

    イギリス、セルビア、スウェーデンに比べてフランスとイタリアが笑える
    悪くないけど、映画が強い国なんだからもっと違うものがあるだろうという
    「巴里の屋根の下」とか「8 1/2」とか




    0



    0
  10. 名前:Anon 投稿日:2017/11/30(木) 11:31:24 ID:ce03051f3 返信

    色分けの意味くらい説明しろよ




    0



    0
  11. 名前:Anon 投稿日:2017/11/30(木) 17:50:56 ID:b1ca8eec6 返信

    フランスなんて「レオン」よりいい映画いっぱいあるだろw




    1



    0
  12. 名前:Anon 投稿日:2017/12/01(金) 07:09:51 ID:ffb4fe9a4 返信

    続・夕陽のガンマンの原題は、英国詩人のスウィンバーンが元ネタかな?




    0



    0